お見舞い マナー 金額

お見舞い金のマナー【お見舞い金相場、入れ方、書き方】

 

 

お見舞い金のマナー【お見舞い金相場、入れ方、書き方】記事一覧

怪我や病気で入院した身内や知人を見舞いに病院に行くときに持参するのが「お見舞い金」です。 お見舞い金で包む現金には一般的な相場というのがあります。 基本的にお見舞い金というのは身内が入院した場合のみ持参するものですが、相手との関 係や親しさの度合いによっては身内以外が入院した場合でも持参する場合があります。 金額の相場は身内なら1万円、親しい友人なら5千円、職場の同僚なら3千円です。 現金をそのま...

 お見舞い金の入れ方について、ご紹介します。お見舞い袋にお金を入れる場合には、お札の人物絵の肖像画を上にして、表向きに入れるのがマナーとなります。祝儀袋にお金を入れる時の入れ方と同様です。お札は新札である必要はありませんが、あまりシワの入っていないお札を、上下・表裏をそれ得て包むようにします。 お札の包み方について、最近ではこだわる方が減少傾向にあります。本来のマナーは、お札を包んだ中包みを表包み...

 家族や知人を見舞うときにはお見舞い金を送ることがあります。 その時のお金の入れ方や、使うお見舞い封筒について説明します。 先ずお見舞い金を送るときには封筒に入れて渡します。 そのお金を入れる時には決まったマナーがあります。 一つ目はお金の向きを全て合わせることです。 これはお見舞い金を受け取った相手が気持ちよく受け取れるようにするための心配りです。 二つ目がお金を表向きにして入れることです。 一...

 知人が入院した場合については誰もが考えておかなければならない話です。まず考えなければならないのは、入院した際のお見舞いについてです。誰もが単純にお見舞いにいけばいいと考えがちですが、そこは相手の事を良く考えてからお見舞いに行かなければなりません。例えば、相手が若い女性である場合には、入院中はお風呂にも入れず、髪もバサバサになっている為、同年代の男子に会いに来られるのは嫌がります。また、知人が重病...

 家族や兄弟が入院した際のお見舞いの金額については、1万円が相場となります。すごく親しい兄弟の場合には、3万円包む場合もあるようです。また、見舞い品を選ぶ際には、兄弟であれば趣味嗜好を周知した関係となりますので、品物選びは楽な傾向にあります。また、何が欲しいのか相手に確認してもかまいません。 兄弟の場合には、お見舞いは現金の方が喜ばれる場合が多いのが現状です。入院すると入院費用や入院に必要なモノな...

 お見舞いの金額の相場について、ご紹介します。家族や親戚が入院した場合には1万円、友人が入院した場合には5,000円、職場関係の人が入院した場合には3,000円が金額の相場となります。親戚の場合にはお付き合いの度合いによって、5,000円〜1万円と差があるようです。昔は、自分より年上の方にお金でお見舞いをすることは、マナー違反とされていたのですが、現在では現金をお見舞いとして包むということは、当た...