お見舞い マナー 金額

会社の災害お見舞い・お見舞金額相場のマナー【部下・同僚・上司のお見舞い】記事一覧

 近年の日本では地震や台風の襲来など、災害に見舞われる機会が増えています。そのため、困っている人に援助をしたいと考えている人もまた増加傾向にあります。 しかし、お見舞いの作法などよく知らないという人は珍しくありません。何となく理解しているような気分で急場を迎えて、戸惑っている人が多いというのが現状なのです。 お見舞いはお金でそれを渡すとき、相場が決められています。 親兄弟に代表される親族が相手だと...

 どんな物事にも相場というものが存在します。これは災害のときのお見舞金についても当てはまるものです。 これは単純に額が多ければよいという発想で行うものではありません。相手との関係によって、その金額が微妙に変わってくるのです。 では、どの程度を支払えばよいのかと言いますと、親兄弟や祖父母といった親族だと三万円、親友や恩師だと一万円、会社の同僚や上司だと五千円がその相場だと定められているのです。 これ...

 災害と言えば、地震や台風など、近年の日本ではそれに関する話が取り上げられる機会が増えています。 しかし、お祝いに関連する話とは違って、いざお見舞い金を送る段になっても、過去にそれをした経験がないので、いくら包んだらよいのか分からないという人は珍しくありません。 では、その相場はどうなっているのかと言いますと、親兄弟や祖父母といった親族で最高三万円、親友や恩師などで五千円から一万円、単なる知人や職...

災害というものは、いつどこで起きるのか判然としません。これは地震や台風などが日本ではよく発生するためです。 このため、被災地で苦しんでいる人たちに、お見舞いを渡そうと考える人は少なくないのですが、その相場についてはよく知らないというパターンが目立ちます。 これは過去に似たようなことが起きていないと、そもそもその機会がなかった、ということが考えられます。経験がなければ知識も必要ないためです。 しかし...

 災害と言えば、いつどこで起きるか分かりません。これは突発事態の一つだからです。とは言え、被災地で苦しんでいる相手にお見舞いをしたいと考えている人は多数います。 では、その相場はどうなっているのかと言えば、親兄弟や祖父母といった直系の親族が相手で一万円から三万円、親友・恩師・交際相手といった親しい相手で五千円から一万円、単なる知人や職場の関係者だと三千円から五千円になっています。 このため、上司が...