お見舞い 金額 書き方

お見舞い金の金額の相場と表書きの書き方

スポンサーリンク

怪我や病気で入院した身内や知人を見舞いに病院に行くときに持参するのが「お見舞い金」です。
 お見舞い金で包む現金には一般的な相場というのがあります。
 基本的にお見舞い金というのは身内が入院した場合のみ持参するものですが、相手との関 係や親しさの度合いによっては身内以外が入院した場合でも持参する場合があります。
 金額の相場は身内なら1万円、親しい友人なら5千円、職場の同僚なら3千円です。
 現金をそのまま渡すのではなく、必ず白地に左側に赤い線が入った熨斗袋に入れて渡すのがマナーです。
 表書きの書き方は「御見舞金」「祈御快復」「祈御全快」「御伺い」などが一般的です。
 封筒の下のほうに差出人の名前をフルネームで記入します。

スポンサーリンク

 お見舞い金を包む熨斗袋は表書きがすでに印刷されたのものがコンビニエンスストアなどで売られています。
 それを使えばあとは下に名前を書けばいいだけなので便利です。
 また、水引がついた熨斗袋を使う場合は、かならず「結び切り」のものを使うのがマナーです。
 結び切りには「不幸がこれ以上続かないように」という意味があります。
 ただし、結び切りであってもお見舞い袋に不祝儀袋を使うのはタブーとなります。
 職場の関係者3人〜5人くらいの連名で出す場合は、代表者の氏名をフルネームで中央に記入し、左側に残りの人達の氏名を小さくフルネームで記入します。
 10人以上の連名の場合は封筒の表に代表者の氏名を書き、残りの名前は封筒の中袋に記入するとスマートです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い金の入れ方について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金の入れ方やお見舞い封筒について
お見舞いのマナーあれこれです。
知人が入院した際のお見舞いと親が入院した際の金額について
お見舞いのマナーあれこれです。
兄弟へのお見舞いの金額の相場について
お見舞いのマナーあれこれです。
親戚が入院した際のお見舞いの金額の相場について
お見舞いのマナーあれこれです。