お見舞いのお返し相場はどれくらいか

スポンサーリンク

入院をしていると、友達や会社の人などが、お見舞いに来てくれることがあります。
短時間でも、顔を見せてくれて、話ができただけでも、大変元気付けられるものですが、大抵の場合は、花束などのお見舞いの品を持参してきてくれます。
入院中は心が塞ぎがちだったり、病室が寂しい感じだったりするので、お見舞いは本当にありがたいものですよね。
そして、無事に退院の日を迎えることができた時には、お見舞いに来てくれた皆さんへ報告とお礼をしっかりしたいものです。
それでは、お見舞いのお返し相場は一体どれくらいなのでしょうか。
一般的には頂いた品物の三分の一から半分が相場といわれていますので、それくらいを目安にして選べば、失礼にはならないでしょう。

スポンサーリンク

お見舞いのお返しの品物は、洗い流してしまえるもの、ということから、お風呂で使う石けんや洗濯で使える洗剤などがよいでしょう。
またその他にも、病気を後に残さないという意味から、食べて消えて後には残らない、お菓子などの食品でもよいでしょう。
商品券を贈ってもよいのですが、もしお見舞いを現金でもらった時には、あまりおすすめできません。
また中には、商品券でのお見舞いのお返しをあまり良くは思わない人もいるようです。
お見舞いのお返し相場を気にすることも、もちろん必要なことですが、自分が元気になったという報告とお見舞いへの感謝の気持ちを表すものでもあるのですから、相場を大きく外れることのない範囲で、もらった相手の喜びそうな品物を選べるとよいですね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞いのお返しには商品券がお勧め
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いのお返しの品物にふさわしいものは
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いお返しの金額
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い返しにはどのような品物を贈るか
お見舞いのマナーあれこれです。
御見舞御礼ののしはどう書くのが正解
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い返しの時期について
お見舞いのマナーあれこれです。