お見舞い 封筒 裏

お見舞い袋の中袋の封筒の裏の書き方

スポンサーリンク

 市販されているお見舞い袋には、中袋のあるタイプとないタイプが存在しています。
中袋の封筒には、表中央に金額を書きます。
裏側には、中央より左側に住所と氏名を書く欄がありますので、少し小さめの文字で書くようにするのがマナーです。
自分の情報を主張しすぎるのは不快を与えるとされているためです。
また、親しい友人へのお見舞いの場合には、住所は省略してもかまいません。
中袋がない場合には、金額を裏面に書くか、書かなくてもかまいません。
 市販ののし袋に、「お見舞い」の文字が印刷されていない場合には、短冊は使用しないでのし袋の上の部分に、直接筆や筆ペンを使用して「お見舞い」と書くようにします。
のし袋は、結びきりの水引がかかったモノを使います。

スポンサーリンク

 のし袋への金額の記述方法については、「金〇萬円」「金〇千円」と書くようにします。
祝儀袋などの場合には、金額に「也」を付け加える方もいらっしゃるのですが、お見舞いの場合にはNGです。
包む金額に決まりはありませんが、自分との関係性が近しい間柄であるほど、高額を包むというのが一般的です。
 そこまで近しい間柄でない場合の相場は、2,000円〜5,000円となります。
あまり親しくない人から、これ以上の金額を渡されても、受け取った側も困惑してしまいます。
また、4という数字は基本的に使わないというのがマナーとなりますので、4,000円という金額は避けるようにします。
そのほかにも、4は「死」、6は「無」、9は「苦」を連想させるので、縁起が悪いとされています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い封筒の書き方と金額の相場
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い時の、のし紙の書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞金の封筒の渡し方のマナー
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い袋の書き方について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いのマナーと現金を贈る場合の封筒や中袋の書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金を入れる封筒のマナーについて
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞金は包む前にきちんと封筒の書き方を調べよう
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの封筒、表書きとお金の入れ方や金額について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの封筒の折り方について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの際の封筒と金額
お見舞いのマナーあれこれです。