お見舞いメール 好きな人

好きな人へのお見舞いメール

スポンサーリンク

 好きな人が病気になった。
入院した。
そんな時あなたらどうしますか。
もちろん、お見舞いに行くのが第一選択でしょう。
でも、都合が悪くて、もしくは相手が手術後でお見舞いができないなどの理由で会えないこともあるでしょう。
そんな時、彼または彼女の心をぐっとひきつけ、つらい病床を慰まてくれるのが、心のこもったお見舞いメールです。
元気な時はいつも軽口をたたきあっているあなたから、いざという時には本当に気遣ってくれている気持ちのあふれた文章が届いたとき、相手の心はあなたのほうにぐっと惹きつけられること請け合いです。
「言葉は人を生かし、言葉は人を殺す」とまで言われるほど、言葉の持つ力は大きいものです。
では、どんな文章が相手をいやすのでしょうか。

スポンサーリンク

まずは、相手のことを心配しているという、気持ちを伝えることが一番です。
自分の好きな人が病気になってしまった―その時に感じた素直な心配を伝えてください。
その次に、お見舞いに行きたいがいけないことへのお詫びを述べます。
理由はその時々で違うでしょうが、まずはメールで気持ちを伝えたかったことを書きましょう。
そして最後には、相手の一日も早い回復を願う言葉で締めくくってください。
ただし、療養が長引きそうな場合はゆっくり治してくださいという方がいいこともあります。
あなたの書いたメールを辛くて退屈な病床でながめなおし、はげまされて回復につながるなら、病気が治ってからのあなたとの関係もさらに素敵なものになるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞いの言葉に適した、メールでの一言メッセージについて
お見舞いのマナーあれこれです。
友達へ送るお見舞いメール
お見舞いのマナーあれこれです。
英語でのお見舞いの言葉
お見舞いのマナーあれこれです。