お見舞い金 入れ方

お見舞い金の入れ方について

スポンサーリンク

 お見舞い金の入れ方について、ご紹介します。
お見舞い袋にお金を入れる場合には、お札の人物絵の肖像画を上にして、表向きに入れるのがマナーとなります。
祝儀袋にお金を入れる時の入れ方と同様です。
お札は新札である必要はありませんが、あまりシワの入っていないお札を、上下・表裏をそれ得て包むようにします。
 お札の包み方について、最近ではこだわる方が減少傾向にあります。
本来のマナーは、お札を包んだ中包みを表包みで包み、その上から袱紗に包んで渡すのがマナーとなります。
また、目上の方に現金を包むのは、マナー違反だとされてきたのですが、現在では、お見舞いとして1番喜ばれるということもあって、お見舞い金が贈られることが当たり前となっています。

スポンサーリンク

 前述しましたように、お見舞い金に入れるお札は、シワが多かったり、折り目がついていたり、シミがあるようなお札はNGとなります。
なるべく新札に近いものを入れるようにしましょう。
また、中に入れる金額は、4,000円はタブーとなります。
相手との関係性を考慮して、妥当な金額を入れるようにしましょう。
金額の目安については、親や親戚は5,000円〜1万円、親しい友人は5,000円、会社の同僚は3,000円が金額の相場となります。
 お見舞い用の袋がない場合には、白封筒にお金を入れて差し上げてもOKなのですが、二重封筒はNGとなります。
二重は、繰り返しを意味しますので、お見舞いにはタブーとされていますので注意しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い金の金額の相場と表書きの書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金の入れ方やお見舞い封筒について
お見舞いのマナーあれこれです。
知人が入院した際のお見舞いと親が入院した際の金額について
お見舞いのマナーあれこれです。
兄弟へのお見舞いの金額の相場について
お見舞いのマナーあれこれです。
親戚が入院した際のお見舞いの金額の相場について
お見舞いのマナーあれこれです。