お見舞金 封筒 書き方

お見舞金は包む前にきちんと封筒の書き方を調べよう

スポンサーリンク

 身内や会社の同僚などが、病気やけがで急な入院をしてしまったら、お見舞いに行く時にお見舞金を用意します。
ですが、そのお見舞金を何も考えずに持って行きますと、とんでもない恥をかいてしまう可能性がありますので、注意が必要です。
封筒の正しい書き方を理解しておくだけで、恥もかかないで済みますので、是非、お見舞いに行く際にはチェックをする事をおすすめ致します。
では、正しい封筒の書き方とは、一体何なのでしょうか。
先ず、用意する封筒は、コンビニで売っている簡単なものでもかまいません。
ですが、必ず中袋のあるものを選ぶようにしましょう。
そうすれば、外袋には「お見舞い」と既に印字されておりますので、そのまま活用する事が出来ます。

スポンサーリンク

中袋にお札を入れましたら、表中央に漢数字で金額を記入して下さい。
この際に気を付けたいのが「也」という表現です。
この「也」は、よくご祝儀を用意する時に記入をしますが、お見舞いの際には書かないほうが良いでしょう。
そして、お見舞い袋に入れる金額になりますが、事前にその地方やしきたり、風習を調べておくとより安心です。
一般的には、親族には1万円、友人になりますと5千円、職場の関係の人ですと、3千円用意しておけば問題ありません。
複数の人で一緒にお見舞いに行く際には、事前に聞いておくと良いでしょう。
せっかくお見舞いに行くのでしたら、相手に不快な思いをさせたくありませんし、また自分自身も恥をかきたくありません。
きちんとマナーを守って、お見舞金を用意しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い封筒の書き方と金額の相場
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い時の、のし紙の書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞金の封筒の渡し方のマナー
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い袋の書き方について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い袋の中袋の封筒の裏の書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いのマナーと現金を贈る場合の封筒や中袋の書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金を入れる封筒のマナーについて
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの封筒、表書きとお金の入れ方や金額について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの封筒の折り方について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの際の封筒と金額
お見舞いのマナーあれこれです。