お見舞い 金額 兄弟

兄弟へのお見舞いの金額の相場について

スポンサーリンク

 家族や兄弟が入院した際のお見舞いの金額については、1万円が相場となります。
すごく親しい兄弟の場合には、3万円包む場合もあるようです。
また、見舞い品を選ぶ際には、兄弟であれば趣味嗜好を周知した関係となりますので、品物選びは楽な傾向にあります。
また、何が欲しいのか相手に確認してもかまいません。
 兄弟の場合には、お見舞いは現金の方が喜ばれる場合が多いのが現状です。
入院すると入院費用や入院に必要なモノなど、出費がかさみますので、親しい間柄であるからこそ、ダイレクトに現金を贈ってあげた方が家計を補填することができるので喜ばれます。
渡す際には、「何がいいか迷ったけれど、お見舞いの品の代わりに」というような旨の言葉かけをして渡すとスマートです。

スポンサーリンク

 親しい兄弟の間柄であっても、タブーとされている金額をお見舞いに包むのは、マナー違反となりますので注意しましょう。
タブーとされているのは、4・6・9が絡む数字となります。
4は「死」、6は「無」、9は「苦」を連想させますので、見舞金にはタブーとされています。
 見舞金を包む時は、祝儀袋を使用します。
入院をするような病気を、二度と患わないようにとの願いを込めて、紅白の結び切りを使います。
入院が不幸事だからといって、不祝儀袋を使用するのはマナー違反となります。
表書きには、「お見舞い」や「御見舞い」と書きます。
中に入れるお札は、しわくちゃや、過度に折れ曲がったりしていない限りは、新札である必要はありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い金の金額の相場と表書きの書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金の入れ方について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金の入れ方やお見舞い封筒について
お見舞いのマナーあれこれです。
知人が入院した際のお見舞いと親が入院した際の金額について
お見舞いのマナーあれこれです。
親戚が入院した際のお見舞いの金額の相場について
お見舞いのマナーあれこれです。