災害 部下 お見舞い

災害に遭った部下へのお見舞い

スポンサーリンク

 近年の日本では地震や台風の襲来など、災害に見舞われる機会が増えています。
そのため、困っている人に援助をしたいと考えている人もまた増加傾向にあります。
 しかし、お見舞いの作法などよく知らないという人は珍しくありません。
何となく理解しているような気分で急場を迎えて、戸惑っている人が多いというのが現状なのです。
 お見舞いはお金でそれを渡すとき、相場が決められています。
 親兄弟に代表される親族が相手だと三万円、親友や学生時代の恩師などで一万円、単なる知人や職場関係者だと五千円だとされています。
 そのため、部下にお金で援助の気持ちを表現するとなれば、五千円でよいのです。
 そんな少額で足りるのかと感じる人も少なくありませんが、大切なのは困っている人を助けてあげたいという気持ちなのです。
 また、少額の方が、受け取る側も気兼ねすることがないというメリットもあります。
お返しはいらないという旨を記した手紙を添えておけば、なおよいでしょう。

スポンサーリンク

 

 災害に遭った部下へのお見舞いとしてお金を送る際は、連名にするという手段もあります。
個人名義でお金を送ると、どうしても額の大小に目が行くことになるからです。
 その点、職場関係者からお金を集めて、代表者がそれを渡しに行くという方式にしておけば、揉めることはありません。
また、皆が困っている人を支援したという格好にもなります。
 お金ではなく品物でお見舞いをするという手段もあります。
これは災害が起きた直後に、現地で不足しがちな日用品などを送ってあげるようにしましょう。
 このとき、相手と連絡が取れるのであれば、リクエストを聞いてから準備した方がよいと言えます。
似たようなものを大量に送られても、向こうも扱いに困るからです。
 お見舞いの品を持参するときは、相手が部下でもその気持ちを考えて、あれこれと質問はしないようにしましょう。
用件が済んだら、早めに立ち去るのがマナーです。
 このように、お見舞いをするときにも気をつけねばならないことは無数にあります。
それを念頭に置いておきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

会社の同僚や上司が災害に遭ったときのお見舞金相場
お見舞いのマナーあれこれです。
災害に遭った上司のお見舞い金について
お見舞いのマナーあれこれです。
災害に遭った同僚へのお見舞い金とその金額
お見舞いのマナーあれこれです。
災害に遭った上司へのお見舞い金額
お見舞いのマナーあれこれです。