災害 会社 お見舞金 相場

会社の同僚や上司が災害に遭ったときのお見舞金相場

スポンサーリンク

 どんな物事にも相場というものが存在します。
これは災害のときのお見舞金についても当てはまるものです。
 これは単純に額が多ければよいという発想で行うものではありません。
相手との関係によって、その金額が微妙に変わってくるのです。
 では、どの程度を支払えばよいのかと言いますと、親兄弟や祖父母といった親族だと三万円、親友や恩師だと一万円、会社の同僚や上司だと五千円がその相場だと定められているのです。
 これは病気入院のお見舞金だと更に少なくなります。
三割から半分程度にまで減じるため、三千円から一万円程度で構わないのです。
 災害や病気で苦しんでいる人の支援が目的なのに、そんなもので構わないのかと考える人は少なくありませんが、あまり額が大きいと受け取った側もお返しに気を遣うことになります。
 そのため、このぐらいの額の方が好ましいのです。
 なお、災害が起きた直後だと現地も混乱しており、行くのは難しいため、ある程度落ち着いてからにした方が賢明です。

スポンサーリンク

 

 会社の同僚や上司にお見舞金を渡す場合は、連名にするという手段もあります。
そうしておけば、誰かが多めに包んでも分からなくなるからです。
 この場合、被災地に大勢で押しかけても迷惑になるので、誰か一人代表を選んで渡しに行くようにしましょう。
 このとき、相手が会社の関係者だからと、長居しないようにしましょう。
ぶしつけな質問もNGです。
基本的には挨拶をした後にお金を渡し、すぐに退散するようにしましょう。
 なお、連名ではなく個人間でお見舞金を渡すというスタイルを採用する場合は、相場を調整するため、皆で同じ額を送るという手段もあります。
 これならば誰の分が少なかった、あるいは多かったという問題を回避できますし、全員がその人と接触を持ったという形にすることができます。
 災害のお見舞金というものは、基本的には困っている人を助けてあげたいという気持ちから送るものです。
そこを忘れないようにしましょう。
心がこもっているのであれば、お金ではなく物品でも構わないというのも、覚えておきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

災害に遭った部下へのお見舞い
お見舞いのマナーあれこれです。
災害に遭った上司のお見舞い金について
お見舞いのマナーあれこれです。
災害に遭った同僚へのお見舞い金とその金額
お見舞いのマナーあれこれです。
災害に遭った上司へのお見舞い金額
お見舞いのマナーあれこれです。