災害 病気見舞い金 相場

災害、病気見舞い金の相場

スポンサーリンク

 災害と言えば、いつどこで起きるのか分からないものです。
そのため、いざという時を迎えても、どんな風に準備をしたらよいのか分からないという人が少なくありません。
 これは結婚式に代表される慶事とは異なり、それを経験しないまま大人になる人が多いためです。
 では、災害のときの見舞い金の相場とはどのようなものかと言えば、親兄弟・祖父母・おじおば・いとこといった身内で三万円、親友や恋人などで一万円、単なる知人や職場の関係者だと五千円となっています。
 相手によって渡す額が異なるというのは、何となく分かる人も多いのですが、災害で苦しんでいる相手に対する支援としては、物足りないと感じる人も少なくありません。
 しかし、これにもちゃんと理由があります。
額があまりに大きいと、渡された方も気兼ねしてしまい、受け取りを拒否することがあるのです。
 相場が低めだと感じられる額に抑えられているのは、気楽に受け取ってもらいたいという気持ちの表れなのです。

スポンサーリンク

 

 では、病気見舞い金の方の相場はどうなっているのかと言いますと、災害見舞い金の三分の一から半分ほどだとされています。
 これは身内が入院した場合でも、包む額は二万円以下でよいことを意味しています。
 なお、病気見舞い金の場合、相手が職場の上司など目上の人物だと、お金を渡すのは失礼に当たることもあります。
 そのときは、現金ではなく相手が必要とするものや、喜びそうなものをお見舞い品として渡すようにしましょう。
 病気見舞い金の場合、何人かの連名でそれを渡すという方法もあります。
これはそれぞれが渡す額に差をつけないためと、入院中の相手に各自が押しかけたら迷惑になるという観点に基づいたものです。
 そのため、お金を準備したら代表者を一人決め、その人が手渡しに行くようにしましょう。
 このときの注意事項としては面会時刻を守ることと、長居しないことです。
入院中の人は体力が落ちているため、長いこと話し込むのは駄目です。
 あくまで挨拶に留めて、用件を済ませたら早めに立ち去りましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

友引に拘らずに災害のお見舞いはできます
お見舞いのマナーあれこれです。
災害お見舞いのマナーについて お見舞いのタイミングは
災害お見舞いのマナーについて お見舞いのタイミングはについてあれこれです。
災害お見舞いの金額と入れ方
お見舞いのマナーあれこれです。
災害に合った人へのお見舞金の相場って...
お見舞いのマナーあれこれです。
災害お見舞い金、新札の入れ方
お見舞いのマナーあれこれです。