お見舞い 封筒 マナー

お見舞い金を入れる封筒のマナーについて

スポンサーリンク

 お見舞い金を入れる封筒は、祝儀袋を使用します。
その際の祝儀袋は、一度結ぶとほどけない結び切りを使うのがマナーとなります。
出産など何度あってもかまわない慶事には、何度でも結び直せる蝶結びを使用するのですが、入院など一度きりであって欲しい、二度とあって欲しくない弔事の場合には、結び切りとなります。
また、弔事といっても、不祝儀袋に包むのは厳禁となります。
祝儀袋が用意できない場合には、白封筒を使用してもマナー違反にはなりません。
 中に入れるお金は新札でなくてもかまいませんが、汚れたりシワシワのお札はNGとなります。
また、ピンピンの新札は、相手によってはまるで準備していたようだと、気分を害される場合もありますので、一度折り目をつけてから入れることをおすすめします。
 スポンサーリンク

 お見舞い金を入れる熨斗袋が、中袋があるタイプの場合には、その中袋に現金を入れて、おもて面に漢数字で金額を書くのがマナーとなります。
中袋がないタイプの場合には、裏面に金額を書くか、あるいは書かなくてもかまいません。
また、のし袋の表書きや裏書などを書く際に、筆記に使用するのは毛筆が基本となります。
インクの色は黒となるのですが、色合いが薄いものは、弔事に利用するものとなりますので気をつけましょう。
 中袋の様式によっては、記入欄が小さくて、毛筆では書きにくいというケースも存在します。
どうしても記入が難しい場合には、その記入だけ黒インクの万年筆で記入してもかまいません。
失礼がないように、整えられたお見舞い袋を持参して、お見舞いをするようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い封筒の書き方と金額の相場
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い時の、のし紙の書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞金の封筒の渡し方のマナー
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い袋の書き方について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い袋の中袋の封筒の裏の書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いのマナーと現金を贈る場合の封筒や中袋の書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞金は包む前にきちんと封筒の書き方を調べよう
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの封筒、表書きとお金の入れ方や金額について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの封筒の折り方について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの際の封筒と金額
お見舞いのマナーあれこれです。