災害 お見舞い 金額 入れ方

災害お見舞いの金額と入れ方

スポンサーリンク

世の中には大人になると、今更他人には訊ねることができない、という事柄がいくつかあります。
 その中でも特に話題になりやすいのが、災害のときのお見舞い、その金額や入れ方です。
これは皆が何となく分かっているような気がしているうちに年月が経過し、実際のルールはよく知らないというパターンです。
 災害が起きた直後のお見舞いであれば、現金で購入できるものが限られているので、現地で不足している物資を送るという手段がありますが、ある程度落ち着きを見せた後だと、現金の方が好まれる傾向にあります。
 その際、金額はどの程度にすればよいのかと言いますと、親兄弟で最高三万円、親友が相手だと三千円から五千円、単なる知人ならば三千円だとされています。
 そんなぐらいで構わないのかと感じられる金額ですが、災害のお見舞いというのは、あくまでその人のことを助けたいという気持ちの表現なので、これで構わないのです。
 額が小さいと向こうも気楽に受け取れるというメリットがあります。

スポンサーリンク

 

 お金の入れ方としては、白い封筒の表面に「災害お見舞い」あるいは「お見舞い」と記入し、綺麗なお札を入れるという格好になります。
 新札は使わないようにしましょう。
新札を用いると、このために準備したのかと、相手を不快にすることがあるからです。
 綺麗なお札が手許にない場合は、銀行で新札を入手した後、わざと折り目をつけて、流通の形跡を作るという手法を使うようにしましょう。
 なお、二重封筒は避けるようにしましょう。
これには病気や事故がまた起きるという暗示が含まれてしまうためです。
 封筒以外だと何を用いればよいのかと言いますと、白い半紙または奉書紙となります。
 相手に送るときは、手紙も添えるようにしましょう。
その内容としては、「何かとご入り用でしょうから、役立ててください」と記すのが無難です。
 このように、災害時のお見舞い金にも様々なルールが存在しています。
 しかし、金額や入れ方が分からないなどと戸惑うよりも、相手を思いやる気持ちを早い段階で表明する方が大事なので、そちらに気を向けるようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

友引に拘らずに災害のお見舞いはできます
お見舞いのマナーあれこれです。
災害お見舞いのマナーについて お見舞いのタイミングは
災害お見舞いのマナーについて お見舞いのタイミングはについてあれこれです。
災害、病気見舞い金の相場
お見舞いのマナーあれこれです。
災害に合った人へのお見舞金の相場って...
お見舞いのマナーあれこれです。
災害お見舞い金、新札の入れ方
お見舞いのマナーあれこれです。