災害 お見舞金 相場

災害に合った人へのお見舞金の相場って...

スポンサーリンク

 

 地震やゲリラ豪雨、昨今の日本では自然災害のニュースを多く耳にします。
突然訪れる災害に私達は日頃から備えをして置かなければいけませんね。
 しかし「災害は忘れた頃にやって来る」という昔からの言葉にもあるように、突然訪れる災害によって被害を被ってしまう事もあるのです。
 もしあなたの周りに被害を受けてしまった人がいたら、お見舞金を渡す事になるでしょう。
病気や入院などでお見舞金をお渡しする事は多くありますが、災害のお見舞金となると相場はいくら位なのでしょう。
 被害に合われた人とあなたの関係によって金額は変わって来ますが、仕事関係で複数人で出し合うなら一人3,000円〜5,000円程度、あなたの知人や友人が被害にあったのなら5,000円〜1万円程度、家族親族の場合は3万円程度が相場と言われています。
災害の場合は、どれくらいの被害にあったかによって、お見舞金の金額も上下する事がありますので、周りの人と良く相談してお渡しするのが良いでしょう。

スポンサーリンク

 

 では、お見舞金はいつお渡ししたら良いのでしょう。
これも受けた被害の大きさによってお渡しするタイミングが変わって来ます。
 自宅で生活を続けられるようなら、直ぐに役立つように、なるべく早くお渡しするのが良いでしょう。
一方、本人が避難生活を余儀なくされたり、自宅で生活するのが困難な場合は、被害に合われた人の生活が落ち着くまでは様子を見るのが良いかも知れません。
相場のお見舞金をお渡しするより、まずは生活に必要な食料や日用品、衣料品など今必要としている物品をお届けするのも喜ばれます。
 大きな災害で自宅が被害を受けた場合は片付けなども大変な作業です。
周りの人々のマンパワーが何よりのお見舞になる事もあるのです。
 お見舞金を届ける際、どんな祝儀袋を使ったら良いのでしょう。
お祝い事なら何度でも結びなおせる蝶結び(結婚の場合は何度もあってはいけないので結び切り)などを使いますが、一方お見舞の場合は一度切りという意味を込めて結び切りの祝儀袋を使いましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

友引に拘らずに災害のお見舞いはできます
お見舞いのマナーあれこれです。
災害お見舞いのマナーについて お見舞いのタイミングは
災害お見舞いのマナーについて お見舞いのタイミングはについてあれこれです。
災害、病気見舞い金の相場
お見舞いのマナーあれこれです。
災害お見舞いの金額と入れ方
お見舞いのマナーあれこれです。
災害お見舞い金、新札の入れ方
お見舞いのマナーあれこれです。