災害 お見舞い 新札 入れ方

災害お見舞い金、新札の入れ方

スポンサーリンク

 

災害のお見舞い金に関するルールというものは、多くの人にとって知っているようで知らない事柄になっています。
 と言うのも、お祝い事とは違うため、予めそれに関する勉強をしておく、という機会もないからです。
 そのため、いざ必要になったとき、どうしたよいのか分からないという人が少なくありません。
分からないからと、他人に簡単に聞ける問題でもない、という影響もあります。
 では、災害お見舞い金とはどのぐらい払えばよいのかと言いますと、親兄弟といった親族が相手だと最高三万円、親友や恋人だと五千円から一万円、単なる知人や仕事上の付き合いあのある人だと三千円から五千円というのが、その相場だとされています。
 このとき、新札を入れるのは控えるようにしましょう。
なぜなら、このためにそれを準備したのかと、不愉快に思う人がいるからです。
 そのため、入れ方のコツとしては、多少流通した後のあるお札にすることです。
 綺麗なお札がなければ、新札にわざと折り目をつけるなどしましょう。
 このように、お札の入れ方一つとっても、制約があるのです。

スポンサーリンク

 

 災害お見舞い金を渡すタイミングはいつにすればよいのかと言いますと、それは災害地がある程度の落ち着きを取り戻してからとなります。
 なぜなら、災害が発生した直後だと、現地に到着するのですら大変ですし、インフラや経済流通が麻痺しているため、現金がさほどの意味を持たない、ということもあるからです。
 そのため、災害が起きた直後ならば、現金ではなく現地で不足している生活物資を送ってあげた方がよいでしょう。
 何が必要なのかピンと来ないのであれば、現地にいる人と連絡を取るようにしましょう。
リクエストを受けた上でなら、問題はまず起きません。
 目上の人が相手だと、新札やお金の入れ方云々以前に、お金を渡すこと自体が失礼に当たるのではないか、と考える人もいますが、地震や台風といった突発事態により被害を受けたのであれば、それが問題になることはありません。
 なお、連名式にする場合は、代表者を一人選出し、手渡すという形式にしましょう。
このとき、お金は白い封筒に入れ、その表面に災害お見舞いと記しておくのも忘れてはいけません。
 剥き出しのまま手渡しだとマナー違反になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

友引に拘らずに災害のお見舞いはできます
お見舞いのマナーあれこれです。
災害お見舞いのマナーについて お見舞いのタイミングは
災害お見舞いのマナーについて お見舞いのタイミングはについてあれこれです。
災害、病気見舞い金の相場
お見舞いのマナーあれこれです。
災害お見舞いの金額と入れ方
お見舞いのマナーあれこれです。
災害に合った人へのお見舞金の相場って...
お見舞いのマナーあれこれです。