災害 同僚 お見舞い 金額

災害に遭った同僚へのお見舞い金とその金額

スポンサーリンク

 

災害というものは、いつどこで起きるのか判然としません。
これは地震や台風などが日本ではよく発生するためです。
 このため、被災地で苦しんでいる人たちに、お見舞いを渡そうと考える人は少なくないのですが、その相場についてはよく知らないというパターンが目立ちます。
 これは過去に似たようなことが起きていないと、そもそもその機会がなかった、ということが考えられます。
経験がなければ知識も必要ないためです。
 しかし、今更他人には聞きづらいものでもあります。
では、その相場とされるものはどの程度なのかと言いますと、親兄弟に祖父母などが三万円、親友や恩師などが一万円、職場の同僚や部下だと五千円だとされています。
 そんな金額で構わないのかと感じる人も多いのですが、災害のお見舞いというのは、あくまで困っている親族や知人を助けたいという気持ちに基づいてやるものなので、金額の多い少ないはこの際重要ではないのです。
 そこを気に留めておくようにしましょう。

スポンサーリンク

 

 同僚に災害のお見舞いを送るときは、連名で済ませるという手段もあります。
これは金額に差異を生じさせないためのテクニックです。
 こうしておけば、急にお見舞い金を工面できないときに、一人だけあまり支援できなかったという状態になるのを避けることができます。
 自分が以前に災害お見舞いを同僚からもらったことがあるというのなら、それと同じ金額を渡すという方法もあります。
これはそうすることで釣り合いを持たせるという意味があります。
 なお、相手に気軽に受け取ってもらうためには、お返しはいらないという内容の手紙を添えるようにしましょう。
そうしておけば、向こうもお返しの工面に悩むこともなくなります。
 お見舞い金を渡すときは、白無地の封筒に入れるか白い半紙に包むようにしましょう。
このとき、表面に災害お見舞いと記しておくのも忘れてはいけません。
 剥き出しのまま手渡しだとマナー違反になります。
慌てていてもそこは忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

災害に遭った部下へのお見舞い
お見舞いのマナーあれこれです。
会社の同僚や上司が災害に遭ったときのお見舞金相場
お見舞いのマナーあれこれです。
災害に遭った上司のお見舞い金について
お見舞いのマナーあれこれです。
災害に遭った上司へのお見舞い金額
お見舞いのマナーあれこれです。