災害 上司 お見舞い 金額

災害に遭った上司へのお見舞い金額

スポンサーリンク

 災害と言えば、いつどこで起きるか分かりません。
これは突発事態の一つだからです。
とは言え、被災地で苦しんでいる相手にお見舞いをしたいと考えている人は多数います。
 では、その相場はどうなっているのかと言えば、親兄弟や祖父母といった直系の親族が相手で一万円から三万円、親友・恩師・交際相手といった親しい相手で五千円から一万円、単なる知人や職場の関係者だと三千円から五千円になっています。
 このため、上司が相手だと、最大でも五千円しか支払わなくてもよい訳です。
 その程度の金額だと、あまり援助にならないのではないか、と感じる人が多いのですが、肝心なのは困っている人を助けるという気持ちや行いなのです。
金額が大きければ心がこもっているという訳ではありません。
 そのため、相手が気軽に受け取ることができるように、お返しはいらないという意を記した手紙を添えるようにしましょう。
 困っているときはお互い様という精神で接することが大事です。

スポンサーリンク

 

 災害に遭っている上司へのお見舞い、その金額を決める手段としては、周りにいる人の意見を聞くというのもあります。
 これは全員で足並みを揃えるという意味があります。
一人だけ極端に多かったり少なかったりすると、相手もそれを気にすることがあるからです。
 なお、このときに相場より極端に低い額にするのは褒められた行為ではないので、先に説明したように三千円から五千円の間に留めるようにしましょう。
 個人名義で上司にお見舞い金を渡しに行くのに問題を感じるのであれば、連名式で行うという手段があります。
これならば誰がどの程度の金額を包んだのか分からなくなるため、相手がそれを気にすることもなくなります。
 また、このシステムなら各自に別のお返しをするという手間が省けることにもなります。
このとき、相手のことを気遣う旨を記した手紙を添えておくようにしましょう。
 災害と言えば来て欲しくないものの一つであるため、どうしても意識の外になりがちです。
しかしそのときに慌てるのも好ましくないため、正しい知識を身につけておきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

災害に遭った部下へのお見舞い
お見舞いのマナーあれこれです。
会社の同僚や上司が災害に遭ったときのお見舞金相場
お見舞いのマナーあれこれです。
災害に遭った上司のお見舞い金について
お見舞いのマナーあれこれです。
災害に遭った同僚へのお見舞い金とその金額
お見舞いのマナーあれこれです。