お見舞い 金額 親戚

親戚が入院した際のお見舞いの金額の相場について

スポンサーリンク

 お見舞いの金額の相場について、ご紹介します。
家族や親戚が入院した場合には1万円、友人が入院した場合には5,000円、職場関係の人が入院した場合には3,000円が金額の相場となります。
親戚の場合にはお付き合いの度合いによって、5,000円〜1万円と差があるようです。
昔は、自分より年上の方にお金でお見舞いをすることは、マナー違反とされていたのですが、現在では現金をお見舞いとして包むということは、当たり前のこととなっています。
 また、お見舞いのお金と一緒に持参する品物に関しては、食事制限があり、好きなものを口にできない場合には花束が無難であり、食事制限がない場合には、フルーツやお菓子など、好みに合うモノを持参するようにしましょう。
 スポンサーリンク

 病気見舞いの際の注意点については、突然の訪問はマナー違反となりますので注意しましょう。
まずは、ご家族の方や本人に、お見舞いに行ってもよいかどうかを確認するようにします。
特に、相手が女性の場合には、パジャマ姿ですっぴんを見られたくない、病んでやつれた姿を見られたくないなどといった理由があるからです。
タイミング的には、回復に向かい始めた頃がベストとなります。
 行っても大丈夫ということであれば、病院の面会時間を確認して、少人数で行くようにします。
その際にはできる限り、子連れでは行かないようにしましょう。
滞在時間は長くても30分がマナーとなります。
また、大きな声で話したり、病状をしつこく聞くということはNGとなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い金の金額の相場と表書きの書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金の入れ方について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金の入れ方やお見舞い封筒について
お見舞いのマナーあれこれです。
知人が入院した際のお見舞いと親が入院した際の金額について
お見舞いのマナーあれこれです。
兄弟へのお見舞いの金額の相場について
お見舞いのマナーあれこれです。