お見舞い 封筒 折り方

お見舞いの封筒の折り方にういて

スポンサーリンク

お見舞いの封筒の折り方は地方や風習により明確な規定はなく、多くの場合はその地域の慣例に沿ってお見舞いの封筒を折ることが大切となります。
しかしながら、一般的な折り方もあるため、知っておくことが大切となります。
まずお見舞いの場合のは必ず水引か、花柄などを薄くあしらった専用のものを使用することが一般的となります。
しかしながら、相手方が会社関係者等の場合には水引を使用することが最適となります。
また、このような場合には熨斗も付けないという昔ながらの作法もあるため注意が必要となります。
それに加え、封筒の中身に手紙などを入れることは好ましくないため、注意が必要となります。
手紙を添える際には別のものを利用して添えることが最適となります。

スポンサーリンク

次にお見舞いの封筒の折り方には相手方の早い快方を願う意味合いを持っての折り方が一般的となっています。
まず折りの重ねは「上の折を内側」にします。
そのため、下から見ると「下を後ろから折る」こととなります。
この際、折り目が曲がらないようにまっすぐに折るようにします。
また、折り目が二重になってしまったり、折り目の端が破れや汚れがあると相手方に不快感を与えてしまう恐れがあるため、このような事態がある場合には新しいものを使用することが大切となります。
また、現金が裏向きにて揃えていれるようにすることが一般的となっています。
それに加え、中袋の表面には住所と氏名を、裏面委は金額を縦書きにて筆で記入することが一般的です。
このような規則を守り、相手に不快感を与えないことが大切となります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い封筒の書き方と金額の相場
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い時の、のし紙の書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞金の封筒の渡し方のマナー
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い袋の書き方について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い袋の中袋の封筒の裏の書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いのマナーと現金を贈る場合の封筒や中袋の書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金を入れる封筒のマナーについて
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞金は包む前にきちんと封筒の書き方を調べよう
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの封筒、表書きとお金の入れ方や金額について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの際の封筒と金額
お見舞いのマナーあれこれです。