地震 お見舞い 金額

スポンサーリンク

 日本でも各地で地震が頻繁に発生しています。
親戚や友人、知人が災害に遭った時、お見舞いを贈る場合の金額の相場や熨斗などについてご紹介します。
地震お見舞いで包む金額の目安については、3,000円〜1万円が相場となっています。
あくまでも贈る側にも無理のない金額で、相手にも気を使わせない金額がマナーとなります。
本来であれば、お見舞いは目上の方には現金で贈るのは失礼にあたり、マナー違反となるのですが、災害見舞いに関しては現金で贈ってもかまいません。
 地震見舞いを贈る時期については、被災後すぐにではなくしばらくして相手が落ち着いてから贈るようにします。
その際には、熨斗は不要で白色の柄の入っていない封筒に入れて贈ります。
封筒の表書きは、上段には「御見舞」と書き、下段には姓名を書きます。
また、贈られた側のお返しについては、災害という状況であるがゆえに生活を立て治すことが最優先であり、それにはお金もかかりますので、基本的にお返しは不要となっています。

スポンサーリンク

 地震お見舞いを品物で贈る場合には、災害後すぐに当面の生活に役立つものを贈ると喜ばれます。
まずは安否の確認をし、近くの場合にはすぐに駆けつけて、何かしらの援助を申し出てあげましょう。
災害の度合いにもよりますが、まずは通常の生活を早く取り戻せるような手助けを考えましょう。
災害直後は精神的にもダメージを受けていますので、立ち入った質問は控えるようにします。
当面の生活に必要なものを、直接相手に聞いてから用意すると喜ばれます。
援助物資が届くようになると、迷惑になることもあるからです。
 地震お見舞いの金額の目安の詳細については、全体的な相場は3,000円〜1万円なのですが、友人・知人の場合には5,000円〜1万円が相場であり、職場関係の場合には3,000円〜5,000円、隣人や同じ自治会の人には3,000円〜5,000円、親戚の場合は3万円〜が金額の相場となっています。
これはあくまでも相場となりますので、できる範囲のお見舞いでかまいません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加