お見舞い返しにはどのような品物を贈るか

スポンサーリンク

病気や怪我で入院をしてしまった時、一人でベッドの上にいると、寂しいし不安だしつまらないしで、何だか考え方も後ろ向きになってしまいそうですよね。
少しでも早く良くなって、入院生活を抜け出したいのに、病室で暗い毎日を過ごしていては、治りが遅くなってしまいそうです。
そんな時、お見舞いに来てくれる人がいたら、どれだけ元気付けられるかわかりません。
お互いの近況を話したりの何気ない会話でも、入院中の身には心からうれしいものですし、楽しい時間です。
励ましの言葉をかけてもらえれば、早く治ってここから出よう、と治療にも前向きになれるでしょう。
お見舞いとは、入院中の人にとっては、薬よりも効く大切な治療薬かもしれません。

スポンサーリンク

無事に退院の日を迎えられた時に、ぜひお見舞いに来てくれた人に、お礼と報告を兼ねて、お見舞い返しの品物を贈りたいと思うのではないでしょうか。
では、お見舞い返しには、どのような品物を贈ればよいのでしょうか。
一般的な金額の相場は、頂いたお見舞いの半分から三分の一といわれています。
贈る品物は、病気が後に残らないように、ということから、食べてなくなるお菓子などの食品や洗い流してしまう石けんや洗剤などが、お見舞い返しとしてふさわしいものです。
会社の部署一同のように多人数から頂いた時には、全員にいきわたるような個数の入ったお菓子の詰め合わせなどがよいでしょう。
品物を渡す際には、お礼の気持ちと無事に治りましたという報告をしっかりとしたいものです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞いのお返しには商品券がお勧め
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いのお返し相場はどれくらいか
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いのお返しの品物にふさわしいものは
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いお返しの金額
お見舞いのマナーあれこれです。
御見舞御礼ののしはどう書くのが正解
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い返しの時期について
お見舞いのマナーあれこれです。