お見舞い封筒 入れ方

お見舞い金の入れ方やお見舞い封筒について

スポンサーリンク

 家族や知人を見舞うときにはお見舞い金を送ることがあります。
 その時のお金の入れ方や、使うお見舞い封筒について説明します。
 先ずお見舞い金を送るときには封筒に入れて渡します。
 そのお金を入れる時には決まったマナーがあります。
 一つ目はお金の向きを全て合わせることです。
 これはお見舞い金を受け取った相手が気持ちよく受け取れるようにするための心配りです。
 二つ目がお金を表向きにして入れることです。
 一般にお見舞いの時には表向きに入れます。
 裏向きに入れることはお葬式などお香典の時なので気をつけます。
 三つ目は新札を使うことです。
 出産見舞いなど慶事には、楽しみに準備して待っていたことを表現するために新札を入れます。
 病気見舞いは慶事ではありませんが、新札か綺麗めのお札を使います。

スポンサーリンク

 次にお見舞い金を入れる封筒について説明します。
 お見舞い封筒には祝儀袋か白色の無地封筒を使います。
 水引には出産見舞いの時には蝶結びのものを、病気見舞いの時には紅白の結びきりのものを使います。
 封筒の上側には出産祝い、あるいは御見舞いと書き、下側には自分の名前を書きます。
 裏側には左側に自分の名前と住所、そして中袋がない場合にはお見舞い金の金額も書きます。
 中袋の書き方は多くの場合は表に金額を、裏には名前と住所を書きます。
 そして封筒に上包みがある場合には、蓋する時にもマナーがあります。
 それは裏側を閉じた時に下側の折り返しが上になるようにして閉じる事です。
 これは慶事の喜びや病気が快方に向かうように、という意味があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い金の金額の相場と表書きの書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金の入れ方について
お見舞いのマナーあれこれです。
知人が入院した際のお見舞いと親が入院した際の金額について
お見舞いのマナーあれこれです。
兄弟へのお見舞いの金額の相場について
お見舞いのマナーあれこれです。
親戚が入院した際のお見舞いの金額の相場について
お見舞いのマナーあれこれです。