お見舞い返しの時期について

スポンサーリンク

 お見舞い返しの時期については、一般的には、退院後1か月以内に贈る場合が多いのが現状です。
しかし、正しいお返しのタイミングは、退院後の通院の必要がなくなり、完治した時点となります。
しかし、自宅療養をしながら長い期間通院するような場合もありますので、退院後3か月以内までにはお返しするのがマナーとなります。
実際は完治していないのですが、あまりにもお返しまでの期間が長すぎた場合には、「常識がなっていない人」と思われる場合もあるからです。
 日本には、貰ったらお返しをするという慣習があります。
ゆえに、入院した際のお見舞い返しについても、「マナーがなっていない」「礼儀を知らない」などと思われる可能性がありますので、必ず行うようにしましょう。

スポンサーリンク

 お見舞い返しの金額については、葬儀の際の満中陰志などと同様に、いただいたお見舞金やお見舞い品の半額程度が相場となります。
お見舞い返しの品物のマナーとしては、二度と入院などの惨事に遭うことがないように、使い切りできる品物を贈るということが、昔からの慣習となっています。
 具体的なお見舞い返しの品としては、慣習を踏まえて、コーヒーやお菓子、調味料、洗剤などを選ぶ方が多い傾向にあります。
逆に、選んではいけない品物は、カップやグラスなど、形として残ってしまう品物となります。
また、縁起を担ぐという意味から、病後の人の自宅訪問を嫌がる人もいますので、お返しの品はなるべく郵送で行うようにするのがマナーとなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞いのお返しには商品券がお勧め
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いのお返し相場はどれくらいか
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いのお返しの品物にふさわしいものは
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いお返しの金額
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い返しにはどのような品物を贈るか
お見舞いのマナーあれこれです。
御見舞御礼ののしはどう書くのが正解
お見舞いのマナーあれこれです。