お見舞い封筒の書き方

お見舞い封筒の書き方と金額の相場

スポンサーリンク

 災害にあった人や事故や病気等で入院している人などを見舞うときに渡すお見舞い金やお見舞い封筒の書き方のマナーについてまとめます。
 一般的にお見舞い封筒には「水引き」や「のし」などがついていないシンプルな白い封筒か、左側に赤い帯が入った市販されているお見舞い用の封筒を使用します。
 しかし、たとえ白い封筒であっても二重封筒は不幸の連鎖を意味するので厳禁とされています。
 怪我や病気のお見舞いの場合は「御見舞」「祈御全快」、災害のお見舞いの場合は「御見舞」「災害御見舞」などと封筒の表側に上段部に筆ペンで記入し、その下の部分に自分の姓名を記入します。
 さらにお見舞い封筒の裏側の左下には包んだ現金の金額を記入します。

スポンサーリンク

 会社の同僚数名など複数の人が連名でお見舞い金を渡す場合は、代表ひとりの姓名を封筒の表側に記入し、左側に残りの姓名を記入します。
 また、中袋がある場合は中袋のほうに代表者以外の姓名と金額を記入することもできます。
 お見舞い金は相手との関係を考慮して、多すぎず少なすぎず、相場にあった金額にするのが無難です。
 あまり多すぎると相手がお返しを渡すときに負担になるので注意をする必要があります。
 祖父・祖母・両親・兄弟などの場合は5,000円〜10,000円、友人や知人の場合は3,000円〜5,000円、仕事関係やご近所の人の場合は3,000円ほどが相場です。
 相場の範囲内であっても「4」「6」「9」が絡む金額は不吉なのでタブーとされています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い時の、のし紙の書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞金の封筒の渡し方のマナー
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い袋の書き方について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い袋の中袋の封筒の裏の書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いのマナーと現金を贈る場合の封筒や中袋の書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金を入れる封筒のマナーについて
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞金は包む前にきちんと封筒の書き方を調べよう
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの封筒、表書きとお金の入れ方や金額について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの封筒の折り方について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの際の封筒と金額
お見舞いのマナーあれこれです。