お見舞い のし 書き方

お見舞い時の、のし紙の書き方

スポンサーリンク

 季節の折々や、冠婚葬祭など色々なシーンで出てくる『のし』ですが、種類が色々あっていまいち良く分からないという人も多いのではないでしょうか。
今ではギフトコーナーの係員さんがのしを含め全て手配してくれたり、インターネットでも簡単に申し込めますが、使い方を誤ると、とんでもない失礼にあたってしまう事もあるので正しく理解する必要があります。
のしを理解するのに、2つのポイントがあります。
一つ目は『表書き』という、内容を表すものです。
よく使うものでは、内祝いやお祝いなどがあります。
次のポイントは『水引』で、蝶結びのものと結び切りになっているものと2種類あります。
蝶結びは何度でも起こってほしいこと、例えば出産祝いや入学祝いなどに使います。

スポンサーリンク

一方で結び切りは、一度きりであってほしいことに使用します。
なので結婚祝いの時には結び切りの水引を使用します。
さて、ここから本題のお見舞いのしの書き方について説明します。
まず、表書きは『お見舞い』もしくは『御見舞い』と記入します。
そして次に水引ですが、お見舞い即ち体調を崩されたりしている訳ですから、一度きりであってほしい事なので結び切りを選びます。
ここで蝶結びを選んでしまったら大変失礼なので注意して下さい。
そして、少々細かい事ですが、熨斗鮑(表書きの横にある絵柄)は付けない方が無難です。
熨斗鮑から『のばす』と受け取る人もいるからです。
そして、最後に自分の名前を記入します。
これでお見舞いのしの書き方は完了です。
そして、もしお見舞いに行けず退院されたら表書きを『快気祝い』にします。
だいたい退院から10日以内を目安に贈ります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い封筒の書き方と金額の相場
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞金の封筒の渡し方のマナー
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い袋の書き方について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い袋の中袋の封筒の裏の書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いのマナーと現金を贈る場合の封筒や中袋の書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金を入れる封筒のマナーについて
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞金は包む前にきちんと封筒の書き方を調べよう
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの封筒、表書きとお金の入れ方や金額について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの封筒の折り方について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの際の封筒と金額
お見舞いのマナーあれこれです。