お見舞金 封筒

お見舞金の封筒の渡し方のマナー

スポンサーリンク

 お見舞い金を渡すときには「封筒の書き方」「現金の入れ方」「金額の相場」などのマナーがあります。
お見舞金を入れるのに使用する封筒は、「御見舞い」と印刷された市販されているお見舞い用のものを使うのが無難です。
または白地のシンプルな封筒も代用できます。
ただし、二重封筒は不幸が続くことを意味するのでタブーです。
不祝儀袋や蝶結びの熨斗袋もマナー違反となるので使わないように注意する必要があります。
お見舞い袋の表の下のほうには渡す人の氏名をフルネームで記入し、裏の下のほうには入っている現金の金額を小さく記入するようにします。
中袋がある場合は中袋のほうに金額を記入することもできます。
名前や金額を記入することで、もらったほうが後で誰にもらったか分からなくなるのを避けることができます。

スポンサーリンク

お見舞金で包む現金の相場は、渡す相手との関係や自分の立場などによって違います。
両親や兄弟などの家族なら1万円、会社の同僚なら5千円程が一般的な相場です。
多すぎても少なすぎても相手に失礼になるので、相場を参考にして常識の範囲内の金額を渡すのがマナーです。
お札は新札がいいとされていますが、新札がない場合は比較的新しめのお札でも使えます。
シミがついていたり、しわしわで折り目がついたお札は避けたほうが無難です。
お見舞い袋の表裏に合わせて、お札も肖像がついた表側を封筒の表側になるようにして入れます。
お見舞いに行くタイミングですが、相手の状態を見て様態が落ち着いて回復に向かっている頃を見計らって行くのがマナーです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い封筒の書き方と金額の相場
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い時の、のし紙の書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い袋の書き方について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い袋の中袋の封筒の裏の書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いのマナーと現金を贈る場合の封筒や中袋の書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金を入れる封筒のマナーについて
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞金は包む前にきちんと封筒の書き方を調べよう
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの封筒、表書きとお金の入れ方や金額について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの封筒の折り方について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの際の封筒と金額
お見舞いのマナーあれこれです。