お見舞いの言葉 一言

お見舞いの言葉に適した、メールでの一言メッセージについて

スポンサーリンク

 会社の同僚などが病気や怪我で欠勤をしている場合、多くの方がお見舞いの言葉を伝えます。
その手段として近年ではスマートフォンなどからメールを送り、お見舞いの言葉を述べる方も多いです。
この場合、弱っている相手へのメッセージですので、読んでいて不快な思いをしたり疲れさせてしまうようなメッセージを送ることは、避けることが望ましいです。
ですがメールで簡潔に一言だけ述べるということは、簡単なように感じますが意外と難しいことでもあります。
そこで、たった一言だけでも相手の心に響くようなお見舞いの言葉のフレーズや、そのポイントをご紹介します。
ポイントをおさえて活用することによって、相手が元気になれるような素敵なメッセージを作成することができます。

スポンサーリンク

お見舞いの言葉を一言にまとめるには、まずは相手の立場になって気持ちを汲み取ることが大切です。
ですから「早く良くなって下さい」というような、完治を焦らせるような励ましの言葉は避けることが望ましいです。
完治の難しい病気や怪我を患っている方もいらっしゃいますので、そういった場合には相手を追いつめてしまいますので、逆効果となってしまいます。
ですから、「どうぞ、ご無理をなさらずにお過ごし下さい」というような言葉を伝えることによって、相手の気持ちが楽になるのです。
それ以外にも、もっと短くて相手の心に響く言葉があります。
それは「お大事に」の一言です。
この「お大事に」の言葉は、短いながらも相手を思いやる気持ちの詰まった、たいへん温かみのある言葉です。
これらを参考にすることによって、相手の苦痛や負担を和らげるようなお見舞いの言葉を伝えることができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

好きな人へのお見舞いメール
お見舞いのマナーあれこれです。
友達へ送るお見舞いメール
お見舞いのマナーあれこれです。
英語でのお見舞いの言葉
お見舞いのマナーあれこれです。