お見舞い袋の書き方

お見舞い袋の書き方について

スポンサーリンク

 お見舞い袋の書き方について、ご紹介します。
お見舞いの際に現金を入れて差し出す、いわゆる熨斗袋の表書きには、「御見舞い」と書くのがもっとも無難です。
市販の熨斗袋を使用する際には、初めから「御見舞い」と印刷されたものも多いので、その下に差出人の名前をフルネームで書くようにしましょう。
 入院されている方へのお見舞いの場合には、市販されているお見舞い袋あるいは、何も書いてない白袋を使用します。
水引は、ついてなくてもかまいません。
水引がついたモノを使用する場合には、入院はもうこれっきりで終わりという意味で、結びきりの水引を使用するのがマナーとなります。
また、絶対に入院お見舞いに、不祝儀袋を使用してはいけません。

スポンサーリンク

 お見舞い袋に入れるお金は、旧札を使用することがマナーとなります。
お葬式も同様なのですが、新札を入れた場合には、事前に用意していたと思われかねないので、タブーとされています。
新札しか用意できない場合には、一度折り目をつけてから入れるようにします。
旧札を使用するのは、新札を用意する暇もないくらい、取り急ぎ駆けつけたという意味が込められています。
 お見舞い袋へのお金の入れ方については、普通に表向きに入れるのがマナーとなります。
お札を裏返しにして入れるのは、お葬式など不幸事があった時となりますので、お見舞い時に裏返しにして入れると、相手は気分を害してしまいますので気をつけましょう。
また、お見舞いは相手によっては控えてもらいたいと思う場合もありますので、事前に状況を確認してから行くようにします。
突然のお見舞いは、マナー違反となります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い封筒の書き方と金額の相場
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い時の、のし紙の書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞金の封筒の渡し方のマナー
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い袋の中袋の封筒の裏の書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いのマナーと現金を贈る場合の封筒や中袋の書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金を入れる封筒のマナーについて
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞金は包む前にきちんと封筒の書き方を調べよう
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの封筒、表書きとお金の入れ方や金額について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの封筒の折り方について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの際の封筒と金額
お見舞いのマナーあれこれです。