お見舞い 封筒 お金の入れ方

封筒にお見舞い金を入れる際のお金の入れ方

スポンサーリンク

 社会人にとって必要なマナーは様々な事があります。
 お世話になった人へのマナーを欠いていては、仕事が出来ていても評価を得ることが出来ない可能性があります。
頻繁に起こることのない出来事での対応は、その人のマナーを推し量る指標となる可能性もあります。
お世話になった人や親しい人が入院をしたという場合には、お見舞いに行くという人も多いでしょう。
お見舞いの際には、お見舞金を持参する様にしましょう。
お見舞金については、のし袋や無地の封筒に入れて持参するようにします。
のし袋や無地の封筒へのお金の入れ方や渡し方、のし袋や封筒の書き方について分からないという人も意外と多いようです。
まず、お金の入れ方ですが、用意するお金は新札である必要はありません。
しわくちゃでなければ、普段使用しているようなお金で構いません。
また、お金の入れ方については、厳密に決められているわけではありませんが、お札が複数枚ある場合にはそれぞれの向きを揃え、肖像画のある方を上にして入れるようにしましょう。

スポンサーリンク

お見舞い金のお金の入れ方での相場としては、入院をしている人との関係により異なります。
親や兄弟、親戚であれば、5000円から10000円程度、知人や友人であれば3000円から5000円、会社関係者の場合には個人でお見舞い金を用意することは少なく部署ごとにまとめて用意することが多いので、一人あたり3000円程度であることが多いようです。
お金の入れ方によっては、相手に気をつかわせてしまう可能性がありますので、一般的な金額の範囲内でお見舞い金の金額を決めるようにすると良いでしょう。
封筒やのし袋の表には「御見舞」という言葉と自分の名前を記載するようにします。
封筒等に文字をかく時には、毛筆で書くのが好ましいですが、普段書き慣れていない場合には、書きにくさを感じるという場合には、筆ペンやフェルトペンを使用して封筒に書いても構いません。
なお、お見舞いでは、長居をしないように訪れたらすぐに封筒を渡すようにしましょう。
お金の入れ方だけではなく、渡し方にも注意が必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

入院お見舞い金のお金の入れ方などのマナーについて
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金の袋の書き方やお金の入れ方は、相談すると良いです
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金をのし袋に入れるときのお金の入れ方
お見舞いのマナーあれこれです。