お見舞い 金額 相場 上司

上司が入院した場合のお見舞いの金額の相場について

スポンサーリンク

 会社の上司が入院した場合のお見舞いの金額の相場については、一般的なお見舞いの相場と同様であり、金額は3千円、5千円、1万円となります。
同僚や部下と差をつけるといった意味で、中には相場よりも高額のお見舞いを贈るという方もいらっしゃいますが、お見舞い返しで上司に気を使わせてしまうことにもなりますので、あくまでも相場の範囲内の金額にするということがマナーとなります。
 会社の上司など目上の方に対しては、お見舞いを現金で贈ることは失礼にあたりマナー違反となります。
ゆえに、上司の入院お見舞いに個人的に行く場合には、お見舞い品を持って行くというのが正しいマナーとなります。
相場の金額と同等程度の品物で、上司へのお見舞品として人気が高いものは花や食べ物となります。
しかし、入院見舞いにはNGとなる花や食べ物も存在しています。
また、上司のお見舞いに関しては、本人や付添いの家族に確認してから行くようにするというのもマナーとなります。

スポンサーリンク

 入院のお見舞品として花を贈る場合には、ニオイがきついユリなどはNGとなります。
また、縁起が悪いとされる花もNGとなります。
具体的には、菊は弔事に多用される花ですし、シクラメンは「死」と「苦」に通じ、赤いバラは血を連想させます。
椿は花が首からぽたっと落ちるために縁起が悪いとされています。
さらに、鉢植えの花も「根が張る、根付く=寝付く」に通じることからNGとなります。
 食べ物に関しては、病気入院中の方に生ものや揚げ物はNGとなります。
上司の好物で、尚且つ日持ちする食べ物を選ぶようにしましょう。
また、食べきれないほどの量は迷惑になりますので、適量を心がけるようにしましょう。
 お見舞金の金額については、相手との関係性や自分の立場、付き合いの度合いなどによって異なります。
前述しましたように、一般的な相場は3千円、5千円、1万円となりますので、その中から、無理がない範囲で相手との関係性などで金額を決めるようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

会社関係で入院のお見舞いの金額の相場
お見舞いのマナーあれこれです。
会社関係によってお見舞い金額の相場は違います
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの金額相場、上司の親の場合は
お見舞いのマナーあれこれです。
会社の部下にお見舞いを渡す時の金額相場
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金の金額相場、会社取引先が相手の場合
お見舞いのマナーあれこれです。
会社の部下の家族に渡す、お見舞い金の金額と相場ついて
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの金額相場、会社家族のケース
お見舞いのマナーあれこれです。
同僚の入院お見舞いの金額相場とマナー
お見舞いのマナーあれこれです。