お見舞い 金額 相場 上司の親

お見舞いの金額相場、上司の親の場合は

スポンサーリンク

 親族や付き合いのある人が急に倒れたとなると、お見舞い金を渡す必要があります。
これは人付き合いとして必要なものなので、出し惜しみするのは駄目だと考えている人が少なくありません。
 しかし、どのようなものにも相場は定められています。
それを無視すると、渡された方も気軽に受け取れなくなるので、そこをわきまえる必要があります。
 では、お見舞い金の金額、その相場は一体どうなっているのかと言いますと、両親や祖父母に代表される親族が相手だと五千円から一万円、知人だと三千円から五千円、職場関係者だと三千円となっています。
 このため、上司の親にお見舞い金を渡す場合は、三千円で充分なのです。
 上司の親が相手なのに、その程度の金額で大丈夫なのか、という不安を感じる人は、職場の同僚と一緒にお見舞い金を出す、という格好にしましょう。
 これならば個人がどの程度の金額を出したのか分からないため、上司の親が相手でも気兼ねする必要はなくなります。

スポンサーリンク

 上司の親が相手となると、日頃接点がないという人が珍しくありません。
そのため、金額相場さえ守れているのであれば、上司にそれを渡して後は任せる、というのが妥当な処置だと言えます。
 上司の親と親しく付き合っているのであれば、職場の誰かが代表してお見舞い金を渡しに行く、というスタイルを採用しましょう。
 これは大人数で入院先に詰めかけると、上司の親ばかりではなく、病院関係者に迷惑をかけることになるからです。
 お見舞い金のお返しの相場は、その三割から半分と定められています。
しかし上司の親からお返しを受け取るのは心苦しいのであれば、あらかじめその旨を説明しておきましょう。
 これは口頭で充分です。
そうすれば相手も気兼ねする必要がなくなるので、金額相場を気にする必要はなくなります。
 このように、上司の親にお見舞い金を送るときは、その金額相場ばかりではなく、それに関係するものに気を遣う必要があります。
 そこは忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

会社関係で入院のお見舞いの金額の相場
お見舞いのマナーあれこれです。
会社関係によってお見舞い金額の相場は違います
お見舞いのマナーあれこれです。
上司が入院した場合のお見舞いの金額の相場について
お見舞いのマナーあれこれです。
会社の部下にお見舞いを渡す時の金額相場
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金の金額相場、会社取引先が相手の場合
お見舞いのマナーあれこれです。
会社の部下の家族に渡す、お見舞い金の金額と相場ついて
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの金額相場、会社家族のケース
お見舞いのマナーあれこれです。
同僚の入院お見舞いの金額相場とマナー
お見舞いのマナーあれこれです。