お見舞いの金額相場、会社家族のケース

スポンサーリンク

お見舞い金の金額相場が分からない、という人は珍しくありません。
これは今までそれが必要な局面に出くわさなかったのがその原因だと言えます。
 しかし、社会人になってからその種の話を他人に聞くのは抵抗がある、という人は多く、彼らはいざという時に慌ててしまう傾向にあります。
 では、お見舞い金の金額相場とはどのような感じになっているのかと言いますと、両親兄弟といった家族、祖父母やおじおば、いとこに姪や甥という親族が相手だと、五千円から一万円を渡すのがマナーだとされています。
 これが親友や交際相手といった親しい他人となると、三千円から五千円となります。
 そして会社家族は単なる知人と同じ扱いになるので、三千円がその相場となっています。
 会社家族の中には目上の人が混ざっている場合もあり、お金を渡すのは気が引けるのであれば、お見舞いは金銭ではなく物品で済ませましょう。
 必要とされる金額は、やはり三千円となっています。
そこを踏まえて相手と接しましょう。

スポンサーリンク

 会社家族にお見舞い金を渡す場合は、代表者を一人選び、その人に後は任せるのが一般的です。
 これは入院先に大人数で押し寄せると、他の入院患者や病院関係者に迷惑をかけることに繋がるからです。
 また、親しくない相手に突如詰めかけられた会社家族も戸惑うことになるので、そこも考慮しておきましょう。
 個人でお見舞い金を工面すると、その金額がバラバラになるのではないか、と感じた場合は、集団で集めるようにしましょう。
 最初に必要な金額を提示すれば、その相場を安定させる一助にもなります。
 なお、集団でお見舞い金を集めると、縁起がよくないとされる数字である四・六・九が気づかない間に出ることがあるので、渡しに行く前に代表者がチェックしておきましょう。
 このように、会社家族に渡すお見舞い金には相場に代表されるルールがあり、それを守る必要があります。
 会社家族が相手とは言え、金額相場を守らないと、後々面倒が生じるので、それは意識しておきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

会社関係で入院のお見舞いの金額の相場
お見舞いのマナーあれこれです。
会社関係によってお見舞い金額の相場は違います
お見舞いのマナーあれこれです。
上司が入院した場合のお見舞いの金額の相場について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの金額相場、上司の親の場合は
お見舞いのマナーあれこれです。
会社の部下にお見舞いを渡す時の金額相場
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金の金額相場、会社取引先が相手の場合
お見舞いのマナーあれこれです。
会社の部下の家族に渡す、お見舞い金の金額と相場ついて
お見舞いのマナーあれこれです。
同僚の入院お見舞いの金額相場とマナー
お見舞いのマナーあれこれです。