お見舞い 金額 相場 部下

会社の部下にお見舞いを渡す時の金額相場

スポンサーリンク

 会社関係者の中でもお見舞いを渡す時に金額で最も困るのは上司よりも部下です。
部下が入院した場合にには、部下に気を使わせないような金額相場を知っておく必要がありますし、上司としての威厳を保てるような金額と考えるとどの程度の金額が相場として多いのか困る人はたくさんいます。
お見舞いなので、基本的には気持ちで良いとされていますが、会社関係者なのでそうもいきません。
特に部下であれば早く復帰してもらいたいと思うのが上司なので、その気持ちを金額として表すということも必要になってきます。
ただ、金額相場よりも大幅に多くお見舞いとして渡すと部下自身の負担になりかねませんので、その点は相場を把握しながら自分できちんと調整することが大事です。
お見舞いに行く場合のマナーも同時に理解しておくようにすると、部下にも気を使わせずにお見舞いをそつなくこなすことができるので、あらかじめしっかりと理解しておくようにしてください。

スポンサーリンク

一般的な相場としては、5,000円程度ですが自分よりも給料は当然少ないので、その点を踏まえると1万円くらいでも問題はありません。
お見舞いは相手への配慮や思いやりというものは非常に重視されるので、相場よりも気持ち程度多く包むのが大人のマナーだとも言えます。
また、お金ではなくて何か品物を贈ろうと思う人も多くいますが、実はあまり良くありません。
友達や同僚、上司であればそれでも良いですが自分の部下となると品物よりもお金の方が喜ばれます。
どうしても品物を渡したいという時は少なめの金額を包み、その補填のような意味合いで品物を一緒に届けると良いです。
また、病院に行く前には必ず事前に相手へ連絡するようにしてください。
療養中で突然上司が現れるとそれだけで気疲れするものなので、今ではメールというものもあるので簡単な連絡だけはあらかじめしておいてあげると相手もきちんとした状態に待っていてくれるので、お互い気持ち良く過ごすことができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

会社関係で入院のお見舞いの金額の相場
お見舞いのマナーあれこれです。
会社関係によってお見舞い金額の相場は違います
お見舞いのマナーあれこれです。
上司が入院した場合のお見舞いの金額の相場について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの金額相場、上司の親の場合は
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金の金額相場、会社取引先が相手の場合
お見舞いのマナーあれこれです。
会社の部下の家族に渡す、お見舞い金の金額と相場ついて
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの金額相場、会社家族のケース
お見舞いのマナーあれこれです。
同僚の入院お見舞いの金額相場とマナー
お見舞いのマナーあれこれです。