お見舞い 金額 相場 部下の家族

会社の部下の家族に渡す、お見舞い金の金額と相場ついて

スポンサーリンク

職場にいる部下の家族の方が病気や怪我等で入院した時はお見舞い金を支払う事になっていて、お見舞い金を包む時に入れる金額はどのくらいの相場が良いのかというと、平均の相場としては10000円となっています。
部下の家族の方が入院されているため、少し高額な金額を包むのが良いとされています。
入院している部下の家族に方のお見舞いに行く時は事前に関係者である部下に連絡をいれておく必要があり、連絡もなしにお見舞いに行く事はマナーに反するため必ずしないようにお願いします。
部下の上司としては少し高めの金額の相場となっていますが、建前上は致し方ない事であります。
部下の家族の方に渡すお見舞い金の金額は10000円と認識しておくようにお願いします。
また、何度か入院している部下の家族に方と面会する場合はお見舞い品を持って行く事が大切となっています。
これが部下の家族の方が入院したのではなく、部下や上司が入院した際はどのくらいのお見舞い金を包むのが良いのかというと、お見舞い金として包む金額の相場は上司の方が入院していたのであれば5000円から10000円、部下や同僚が入院していた場合は3000円から5000円となっています。

スポンサーリンク

包む金額の相場は状況や立場によって変動していきますが、平均相場の金額を筒んで手渡すというのが無難となっています。
包む袋については祝儀袋が良いとされていて、「4」、「6」、「9」が数字がついた金額は縁起が悪いされていて、失礼にあたる場合があるため注意が必要です。
部下の家族の方と面会をする際はカレンダーをしっかりと見て行くようにする事が大切となっていて、仏滅の日と設定されている日は避けるようにお願いします。
仏滅の日に行くのも縁起が悪いため、仏滅の日以外の日に病院に足を運びつつ、部下の家族の方に面会するようにお願いします。
面会をした場合は相手の立場を考えながら対応していき、病状や怪我の程度を気にしつつ失礼のないようにする事が大事であります。
他にもマナーが沢山あり、詳しい詳細や情報についてはインターネットを使って検索を行うと専門的に情報やノウハウを提供しているWebサイト等が多数あるため、そこで知識を覚えたり情報収集を行えます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

会社関係で入院のお見舞いの金額の相場
お見舞いのマナーあれこれです。
会社関係によってお見舞い金額の相場は違います
お見舞いのマナーあれこれです。
上司が入院した場合のお見舞いの金額の相場について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの金額相場、上司の親の場合は
お見舞いのマナーあれこれです。
会社の部下にお見舞いを渡す時の金額相場
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金の金額相場、会社取引先が相手の場合
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの金額相場、会社家族のケース
お見舞いのマナーあれこれです。
同僚の入院お見舞いの金額相場とマナー
お見舞いのマナーあれこれです。