友人の夫 お見舞い 金額 相場

友人の夫、お見舞い金の金額相場

スポンサーリンク

親しく付き合っている相手が急病やケガで入院したとなると、お見舞いに行く必要があります。
 このとき、何かと物入りだろうからとお金を渡すことが多いのですが、その金額相場について詳しく知らない、という人が珍しくありません。
 これは誰かが入院でもしない限り、お見舞いする相手が現れないことに起因しています。
 それはそれで好ましいのですが、いざという時に慌てないで済むように、その金額相場を把握するようにしましょう。
 では、お見舞い金の金額相場とは一体どのようなものかと言いますと、親御さんや祖父母といった親族が相手でも五千円から一万円だとされています。
 少なめだと感じるような額ですが、これはあくまで気遣いの表現であり、相手も気軽に受け取れるように、という意味を込めているのです。
 友人の夫がその対象となった場合は、三千円から五千円となります。
 友人の夫は扱いとしては仕事関係者と同じになっているのです。
そのため、友人の夫だからと何万円も包む必要はありません。

スポンサーリンク

 友人の夫にお見舞い金を渡しに行く場合は、向こうの都合も考えるようにしましょう。
これは手術を受けた直後など、当人の身体が弱っているときは近づかない、という意味になります。
 友人の夫が相手であれば、その病状を確認するのは容易いので、情報収集を怠らないようにしましょう。
 複数人でお見舞い金を工面する、というスタイルもあります。
この場合も金額相場は変わりません。
あらかじめ一人三千円ずつという風に説明して、代表者がそれを集めるようにしましょう。
 友人の夫がお見舞い相手の場合は、その気軽さもあり、みんなで会いに行くということになりがちです。
 しかし、これはお見舞い金の金額相場以上に気を遣う必要があるので、控えるようにしましょう。
 何故なら入院中の人は体力を消耗していることが多いため、大人数が長時間はなしをするのは、好ましくないからです。
 このように、友人の夫にお見舞いをする場合は、金額相場に気を遣うばかりではなく、そのときの状況にも気を配る必要があるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い金の金額相場、友人や友達のケース
お見舞いのマナーあれこれです。
友人の子供が入院した時のお見舞いで渡す金額の相場とは
お見舞いのマナーあれこれです。
手術をした後の友人へのお見舞い金の金額
お見舞いのマナーあれこれです。