義父 義母 入院お見舞い 金額相場

義父・義母の入院お見舞い金の金額相場

スポンサーリンク

入院お見舞いと言えば、物品ばかりではなく金銭も渡すものだ、と考えている人が少なくありません。
 しかし、その金額相場については疎く、いくら包めばよいのか分からない、という人がたくさんいます。
 では、入院お見舞い金の金額相場とはどうなっているのかと言えば、両親・祖父母という親族が相手で五千円から一万円だとされています。
 義父・義母はその親族に当たるので、その金額相場に従うことになります。
 入院お見舞いともなると、もう少し用意した方がよいのではないかと考える人が少なくありませんが、これは相手に対する気遣いという意味合いが強いので、多ければよいというものではないのです。
 義父・義母が相手の場合は、遠方に住んでいるのでもなければ、直接渡しに行くようにしましょう。
 このとき、お金は封筒に入れて、その表面に入院お見舞いという旨を記しておく必要があります。
 現金を手渡しにするのはマナー違反なので、義父・義母が相手でもしてはいけません。

スポンサーリンク

 義父・義母の入院お見舞い金は、親族一同で工面することもできます。
その場合でも金額相場は動きません。
 全員が同じ額になるように、あらかじめ通告を出しておくようにしましょう。
 このとき、縁起が悪いとされている数字(四・六・九)が絡むことがないようにしましょう。
集団で入院お見舞い金を用意すると見落としがちなので、代表者が渡しに行く前に確認しておく必要があります。
 義父・義母が入院したとなると、即座に顔を見せに行くのが正しいスタイルだと考えている人がいますが、状況を確認してからにしましょう。
 これは手術を行った直後に会いに行っても、面会を病院側から拒絶されることが多いからです。
 相手の都合を考えることは、金額相場に目を向ける以上に重要なので、怠ってはいけません。
 義父・義母にお金はいらないと言われた場合は、物品でそれをまかなうようにしましょう。
このときの金額相場は、通常の入院お見舞い金と同じです。
 その範囲で相手が喜びそうなものを送りましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

親戚が入院した時のお見舞い金額の相場
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金を渡す相手が親の場合の金額の相場について
お見舞いのマナーあれこれです。
祖母の入院お見舞い、その金額相場とは
お見舞いのマナーあれこれです。
兄弟が入院した時に渡すお見舞いの金額の相場はどのくらいなのか
お見舞いのマナーあれこれです。
手術や入院をした兄弟へのお見舞い金額とマナーについて
お見舞いのマナーあれこれです。