入院 お見舞い金 お金の入れ方

入院お見舞い金のお金の入れ方などのマナーについて

スポンサーリンク

入院のお見舞いの際のマナーには様々なものがあります。
まず相手の状態によって面会できない場合もあるので突然訪ねたりせずに一度落ち着いて相手の状況を把握し、お見舞金やお見舞い品などもマナー違反がないように注意しましょう。
入院の際のお見舞い金はお見舞いの半額を受け取った側がお返しとして返すのが一般的ですのでお見舞い金を渡す際には一般的な相場を守るようにして相手に負担をかけないようにしましょう。
入院お見舞い金のお金の入れ方としてはお札の向きをきちんと揃えて肖像画がある面を上にして入れましょう。
入院お見舞い金に関してはお金の入れ方以外にも使用する封筒の種類や表書きの書き方なども注意しなければいけません。
使用する封筒は袋の端に赤いラインの入ったお見舞い用の封筒や白無地の封筒を使いましょう。
注意することは封筒を二重にしないこと、紅白の結び切りを使うことなどがあげられます。
お札は新札にこだわる必要はありませんが汚れがひどいものやくしゃくしゃになっているものは避けましょう。
入院のお見舞いの際にはお見舞い金のお金の入れ方や渡し方などのマナーを守るのも大切ですが、大勢で押しかけたり長居をして相手を疲れさせないといった基本的なマナーを守りましょう。

スポンサーリンク

入院お見舞い金を渡す際には渡す金額の相場や表書きの書き方やお金の入れ方といった基本的なルールを守るようにしましょう。
お見舞い金の相場は渡す相手との間柄によって変わってきますが基本的には1万円以内が相場とされています。
また金額だけでなく「4・6・9」が絡む数字は縁起が悪いとされていますので気を付けましょう。
お見舞金を渡す際には裸で渡さずに祝儀袋を使いましょう。
お見舞いの場合には二度と病気やけがをしないようにという意味を込めて紅白の結び切りを使用します。
紅白は祝っているようで抵抗があると感じる場合には白無地の封筒を使いましょう。
また封筒は二重封筒にしないようにしましょう。
二重は繰り返しを意味するものなのでNGとされています。
お金の入れ方にははっきりとした決まりごとはありませんが一般的にはお札の肖像がある面を表向きで揃えて入れるのが良いとされています。
それからお金の入れ方としては極端に汚れていなければ新札である必要はありません。
新札を使うと事前に用意していたと思われてしまう場合もあります。
マナー的に新札を使う場合には一度折り目を付けてから渡すようにしましょう。
お見舞い金を渡す際のマナーも大事ですが、まずは相手の状況をきちんと把握して面会時間を守って負担をかけないようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

封筒にお見舞い金を入れる際のお金の入れ方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金の袋の書き方やお金の入れ方は、相談すると良いです
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金をのし袋に入れるときのお金の入れ方
お見舞いのマナーあれこれです。