お見舞い 金額 書き方 十万円

お見舞いで十万円包む場合の金額の書き方

スポンサーリンク

 お見舞いのみならず、ご祝儀やご香典、御布施などの用いる数字は、基本的には漢数字を用いるのがマナーとなります。
例えば、入院お見舞いに十万円包む場合には、「金十万円」もしくは「金拾万円」という書き方となります。
さらに、十万円の万や円についても、旧字体である「萬」や「圓」を使ってもかまいません。
十万円という書き方よりも「拾萬圓」「拾萬円」と金額を旧字体で書いた方が、金額に重々しさがプラスされます。
 金額の前に「金」をつけるのはマナーとなるのですが、金額の終わりに「也」をつけるのは、十万円以上の高額の場合に限ります。
ちなみに、一般的な入院お見舞いの相場については、3千円、5千円、1万円が金額の相場となりますので、「也」をお見舞いで使うことはほとんどありません。
また、それぞれの旧字体の書き方については、参阡円、伍阡円、壱萬円という書き方となります。
このようにお見舞いののし袋にも、金額の書き方のマナーが存在しています。

スポンサーリンク

 お見舞いのお金を入れるのし袋の右上には、通常熨斗がついています。
熨斗には長寿の象徴という意味があります。
もともと熨斗は、アワビをのばして乾燥させた保存食のことであり、祝いの席には欠かせないものでした。
その名残として、のし袋の右上に熨斗をつけるようになりました。
このような熨斗の由来から、お見舞いはお祝ではありませんので、熨斗のないのし袋を使う、あるいは熨斗を剥がして使うのがマナーとなります。
 お見舞いで包む金額については、相手の負担を考慮するということが重要となります。
一般的に、いただいた金額の半分〜3分の1の額で快気祝いを贈るようになるからです。
ゆえに、いくら親しい間柄であるといっても、結婚祝いなどとは異なり入院で十万円包む方はあまりいらっしゃいません。
 ちなみに、本来は右上に熨斗がついたものがのし袋なのですが、現在では金封全体をのし袋と呼ぶようになっています。
また、前述しましたように、数字の書き方は旧字体がマナーとなるのですが、それには一、二、三などの数字が書き換えられないようにという理由もあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加