お見舞い 金額 書き方 五千円

お見舞いの金額や封筒の書き方、五千円などの相場について考えます

スポンサーリンク

 お見舞い金に関して簡潔に紹介します。
まずはじめに概要を紹介します。
病気や怪我でやむをえなく入院した親戚や知人を、心から見舞う際に持参するのがお見舞い金です。
お見舞い金を持参する時に包む金額は、世間的な相場が必ず存在しています。
一般的には身内や知人が入院したケースでは、五千円などの相場で金額を持って行くものですが、相手との間柄や関係性をしっかりと考慮する必要があります。
五千円などの相場がありますが、過度な見舞い金は相手にとって負担になる可能性も確かにあります。
そのため、身内なら一万円、友人であれば五千円といったように相場が決まっています。
そのまま五千円などの現金で手渡すのではなく、必ず左側に赤線が入った熨斗袋を準備することが望ましいです。
金額における相場や封筒に対する書き方は、一般的に社会人のマナーとして知っておくことが大事になっています。
したがって、お見舞いの金額における相場は、一万円から五千円といったように幅広いものがあります。

スポンサーリンク

 そして次に、封筒の書き方に関してまとめます。
表書きの書き方は、「お見舞金」や「祈御快復」といったものが主流です。
封筒の下に差出人の名前をしっかりとフルネームで記載することが大切です。
お見舞いにおける金額を入れる熨斗袋は、コンビニなどで表書きの封筒が数多く販売されています。
書き方を考える上で、販売されている封筒は、たいてい赤線が印刷されているので、差出人の名前を記入するだけなので便利です。
それと同時に、封筒に水引きが付いている封筒の場合は、必ず「結び切り」のものを使用することが一般的なマナーになっています。
その結び切りには、不幸がこれからは続かないというメッセージが込められています。
お見舞いを連名で提出する際の書き方は、基本的に代表者の氏名を中央に記入し、その他の人は小さく名前を書くことが求められます。
10名以上の連名では、代表する人の名を封筒の表に記入して、残りの名前は中袋に記載するとスマートです。
 そのようにお見舞い金とは、五千円などの金額的な相場を把握して、失礼のない書き方を身につけることが非常に重要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞いの書き方のマナーと、金額が一万円の相手とは
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いで十万円包む場合の金額の書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金額の書き方や三千円の相場などを考えます
お見舞いのマナーあれこれです。