お見舞い 金額 書き方 三千円

お見舞い金額の書き方や三千円の相場などを考えます

スポンサーリンク

 入院におけるお見舞いにおけるマナーは、多くの社会人の方にとって悩ましいものです。
すでに認知しているようで、詳細を把握していないケースが多いと思います。
病気などの状況によって、お見舞いの金額なども三千円から一万円までと相場が変化します。
 ここで、お見舞いの金額と書き方に関して、簡潔に説明します。
入院のお見舞い金は、一般的にお見舞いの半額がお返しとして帰って来ることが想定されています。
そのため、高額な金額では、入院している相手に対して過度な気遣いをさせてしまう可能性があります。
三千円から一万円といった相場内で、相手との関係性を考えた金額を贈呈するのが社会的なマナーです。
例を挙げると、親や親族に関しては五千円から一万円、知人や友人は三千円といったように世間の常識的な範囲と同時に書き方も把握しておきましょう。
その相場の中でも留意する点が存在しています。
それは縁起が悪いとされる「4・6・9」の数字が含まれる金額は避けるべきです。
死や無、そして苦などを密かに連想させる数字はふさわしくありません。

スポンサーリンク

 次に、入院に関するお見舞い金を入れる封筒は、袋の端に赤いラインが描かれている封筒や、白い無地の封筒を選択するのがベストです。
最近では、はじめから封筒に「御見舞い」と記された袋や、おしゃれな印刷が成されている封筒も販売されています。
封筒を準備するときは、白いもので二重に金額を包むのは避けましょう。
それは、災難を繰り返す意味にとられる可能性があるためです。
その際、封筒の書き方にも気を配りたいポイントです。
金額が三千円であったとしても一万円であったとしても、気持ちを込めた丁寧な書き方をする必要があります。
袋の表には「御見舞い」や「差出人の名前」をしっかりと記入することが望ましいです。
書き方は様々な情報源から知ることが可能なので、相手に失礼のないように調べることが大切です。
それと同時に、三千円しか包むことができなくとも、相手を慮る気持ちが非常に大事となってきます。
 したがって、お見舞い金の相場が三千円である等やその書き方を知ることは、相手の状況や心情を慮ることにつながります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞いの書き方のマナーと、金額が一万円の相手とは
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いで十万円包む場合の金額の書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの金額や封筒の書き方、五千円などの相場について考えます
お見舞いのマナーあれこれです。