お見舞い 金額 書き方 連名

お見舞いを持参する際の金額や連名の書き方

スポンサーリンク

 連名でお見舞いを持っていく場合、金額や連名の書き方を知らないと困ってしまいます。
特に社会に出てからはお見舞いなどの機会はたくさんありますので、金額や連名の書き方をしっかりと理解しておくようにしてください。
こうした書き方を知らないと社会人としてマナー違反だと思われる可能性もあるので、記憶の隅にとどめておくようにしてください。
連名でお見舞いを包む場合の書き方は、その人数によって少し変わってきます。
大体三名程度であれば、封筒の表側の下段にそれぞれ名前を書くようにします。
この際、必ず縦書きで書くようにしてください。
もしくは熨斗袋の表側に代表者の名前を書くだけでもマナー違反ではないので、どちらかわかりやすい方で書くようにしてください。
お見舞いの金額相場としては、気持ちがこもっていたらいくらでも良いですが大体一人500円から1,000円程度が多いので、その範囲内で金額を相談してみると良いです。
あまり多くとも相手が負担に感じてしまうので避けます。

スポンサーリンク

次に、五名以上の大人数でお見舞いを渡す場合は、封筒の書き方として連名で書くのではなく、封筒の表側に代表者の名前を書き、その他の方々は内袋に連名で書くというのが正式な書き方です。
お見舞いの熨斗袋は市販のものでも良いですし真っ白なものでもいいです。
次に金額を書く時の注意点です。
金額は必ず中袋に記入するようにしてください。
必ず総額を記入し、裏側に出す人全員の名前を書くようにしてください。
一般的に会社関係者の時にこのような方法で書きます。
親戚の場合はもう少しフランクな書き方でも間違いではありませんので、その点は両親などに相談してみてください。
また、地域特性なども関係してくるので、あらかじめ調べておくようにしてください。
もしどうしてもわからない場合は、基本的な方法で書くと失敗しませんし、マナーとしても間違いは起きにくいので良いです。
そして、名前を書く順番というのは、目上の人から順番に書くようにします。
これらを守ることでスムーズに記入することができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

一般的なお見舞いの書き方や同封金額の見本について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの際の封筒への正しい金額の書き方とは
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの際ののし袋への金額の書き方について
お見舞いのマナーあれこれです。