お見舞い 金額 書き方 見本

一般的なお見舞いの書き方や同封金額の見本について

スポンサーリンク

 知人や友人が入院をした時にお見舞いに行く人がいますが、その際お見舞い金を同封した封筒の書き方に悩む人がいると思います。
使う封筒の種類や同封するお見舞い金額、文章の書き方や使用するペンなど細かい注意点がありますので、見本を順番に説明していきます。
まずお見舞いに使う封筒の見本です。
シンプルなデザインのものが望ましいのですが、どうしても見つからない時や急ぎの時は祝儀袋で代用することもできます。
もしも祝儀袋を使用する場合は結び切りと呼ばれる絵の物を使用しますが、右上に熨斗(のし)と呼ばれる絵がある物は避けてください。
次に封筒の書き方と使用するペンの見本です。
書き方は筆ペンを使用し表面に縦書きで中央の上にお見舞いの文字を書き、その下に自分の名前を書きます。
もしも複数人の名前を記入する場合は3名以下なら表面に記入します。
あまりに人数が多すぎて記入しきれない場合は表面に代表者の名前又は有志一同と記入し、別の紙に全員の名前を記入し封筒に同封する見本があります。

スポンサーリンク

書き方の次に悩むのは同封する金額の見本です。
お見舞いの金額は多すぎず少なすぎずですが相場がわからない、使用するお札に悩むなどがあります。
折り目が全くない新札を使用すべきか悩む人がいますが、この時一度折り目を付けてから同封すると良いです。
一般的な同封金額の相場は少なくとも3000円からになります。
この時に同封する金額の注意点として4と6と9は不吉な出来事を連想させる数字の金額なので避けるようにしましょう。
封筒の裏面の書き方の見本は表面と同じく筆ペンを使用した縦書きです。
異なる点として左側に寄せて個人や代表者の住所を記入します。
最後にお見舞い封筒の折り方についての見本です。
一般的なお見舞い用の場合は3枚折りの形になります。
裏側の折り重ね方は上側の折り目が下、下側の折り目が上になるように重ね方になり、この折り方は症状や病状の回復を意味する折り方になっています。
もしも折り方を間違えてしまうと意味があべこべになってしまうため、間違えないようにご注意ください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞いを持参する際の金額や連名の書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの際の封筒への正しい金額の書き方とは
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの際ののし袋への金額の書き方について
お見舞いのマナーあれこれです。