お見舞い 封筒 金額の書き方

お見舞いの際の封筒への正しい金額の書き方とは

スポンサーリンク

 社会人になると入院している方のお見舞い行く機会は良くあるものです。
入院となると直ぐにお見舞いに行きたいのは解りますが、怪我や病気の状態によっては直ぐにお見舞いにいくのは迷惑になる事もありので避けるべきです。
お見舞いの際には、相手の怪我や治療の状態を踏まえてたマナーが必要です。
お見舞いにいくマナーとして、お花・果物・飲み物・タオルなどの日用品を贈るのが一般的になっています。
また入院相手との関係によっては現金を包む事もあります。
色々と入院中に出費がかさむ事もあるので、現金は相手にとってもありがたいものとなります。
しかし、誰にでも現金を送れるかと言うと間違いで、自分より目上の方には贈るのはマナー違反となるので注意する必要があります。
目上の方に贈るのは品物や食べ物などが中心で、お金の代わりにギフト券を贈る事も良いとされています。
もしも入院相手にお金を包む場合には、お金を入れる為の封筒の種類、お金の入れ方と封筒への金額の書き方に至るまで、冠婚葬祭のマナーに沿って贈らなければならないのです。

スポンサーリンク

お見舞いにお金を包むには封筒に入れて渡すのがマナーで、祝儀袋もしくは白地で無地の封筒にお金を入れて渡します。
病気見舞いには紅白の結びきり、出産祝いには蝶結びの物を使います。
現金をそのまま裸で渡す様な事は非常識な事でマナー違反です。
そして封筒には表書きや中袋、金額の書き方など様々なマナーがあります。
封筒の表には上部に「御見舞い」や「出産祝い」を書き、下側に自分の名前を書きます。
裏側には自分の名前と住所、金額を書きます。
また金額の書き方にもマナーがあります。
金額を縦書きに書く場合には、金額の書き方は漢数字で記入します。
御霊前などの金額の書き方には横書きの記入欄が印刷されている事もあり、金額の書き方を数字にする事もありますが、お見舞いや祝い事の際の金額の書き方は、縦書きで漢数字で書く事がマナーとなります。
この様にお見舞いには、封筒の種類から金額の書き方まで様々なルールがあるので、間違いの無いように注する必要があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞いを持参する際の金額や連名の書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
一般的なお見舞いの書き方や同封金額の見本について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの際ののし袋への金額の書き方について
お見舞いのマナーあれこれです。