お見舞い 袋 金額の書き方

お見舞いの際ののし袋への金額の書き方について

スポンサーリンク

 病気のお見舞いや自然災害に遭った人へのお見舞いでは、お見舞い金を渡したいという人も多いようです。
その際のマナーとして、お見舞い金はそのままではなくのし袋や封筒に入れるようにしましょう。
一般的にお見舞い金を渡す際に用意するのし袋はお見舞い用や白無地の金封を用意しますが、最近では様々なタイプののし袋が用意されていますので、どののし袋を用意したら良いか分からないという場合には購入する際に相談しても良いでしょう。
のし袋の表には、怪我や病気の時には御見舞やお見舞、自然災害の際には災害御見舞などと書くようにしましょう。
そして、自身の名前は御見舞という言葉の下に書くようにします。
御見舞という言葉よりも若干名前の文字は小さくなるように、バランスを考えて書くようにすることが大切です。
毛筆で書くことが好ましいですが、毛筆でなくても、フェルトペンなどを使用しても構いませんが、丁寧に書くようにすることが大切になります。

スポンサーリンク

お見舞金の金額の書き方としては、中袋に表の中央に書くようにします。
この時の金額の書き方としては、横書きではなく縦書きにするようにします。
また、金額の書き方は、漢数字で書いても構いません。
一般的に使われている漢字を使用しても構いませんが、旧漢字で書いても良いでしょう。
お見舞金の金額の書き方では、金額の後に「也」という漢字はつけないように注意が必要です。
金額をかいた裏には左に寄せて住所を書くようにしましょう。
なお、中袋の表や裏にあらかじめ書き込む場所が決められている場合には、金額の書き方はそれに従うようにします。
表書きの書き方・金額の書き方も大切になりますが、お見舞いをしたい人に対する気持ちが大切です。
渡すタイミングとしては、会ってすぐでも構いませんが、相手の状態によっては、帰り際に渡しても良いでしょう。
渡す時には、相手を気遣うような言葉をかけるようにすることを忘れないようにすることが大切になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞いを持参する際の金額や連名の書き方
お見舞いのマナーあれこれです。
一般的なお見舞いの書き方や同封金額の見本について
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞いの際の封筒への正しい金額の書き方とは
お見舞いのマナーあれこれです。