お見舞い 書き方 お金の入れ方

お見舞い金の袋の書き方やお金の入れ方は、相談すると良いです

スポンサーリンク

 お見舞い金の袋の名前の書き方やお金の入れ方が不明な場合には、百貨店を利用すると良いです。
百貨店では、冠婚葬祭の需要の高さから専門売り場などを用意しており、専門のスタッフを配置しています。
長年、冠婚葬祭に関わってきたノウハウが蓄積されているので、気軽に相談することが出来、相談に関する費用も無料で行われているので、活用すると良いです。
さらに相談だけでなく、サービスの一環として袋の名前などを無料で代行して書いてくれるので、最適な字体や様式で袋を用意することが出来ます。
また、百貨店以外でも近年では冠婚葬祭といったマナーに関する意識の高まりから生活情報誌といった雑誌から専門書まで登場しており、専門家が監修していることからお見舞いの袋の書き方やお金の入れ方といったマナーの情報が得られます。
多くの場合が写真などのイラストで解説が行われているので、初心者でも参考にしやすくなっているのも魅力となっています。

スポンサーリンク

お見舞いの際に名前を書く場合には、田中や鈴木といった比較的多い名字の際には名字だけでなく、フルネームで書くことが求められます。
名字だけでは、お見舞いを受けた方が誰からお見舞いの品を貰ったかがわからず、お見舞いのお返しを行う際に困るからです。
また、書き方としてもお金を包む包装紙に関しても名前を記入し、書き方としては名前の他に金額も記入することです。
記入することによって金額の差異を防ぐことが出来ます。
また、お金の入れ方としては、基本的には紙幣の数が奇数になるようにします。
偶数は縁起が悪いとされるので、2万円ならば、1万円札と5千円札2枚といったお金の入れ方を行い、紙幣の数が必ず奇数にさせます。
これらの書き方やお金の入れ方に対してわからない場合には、自身よりも年上の家族や友人に相談すると良いです。
お見舞いでの袋の書き方やお金の入れ方などを実践しているので、体験から様々なアドバイスを行ってくれるから参考にすることが出来ます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

封筒にお見舞い金を入れる際のお金の入れ方
お見舞いのマナーあれこれです。
入院お見舞い金のお金の入れ方などのマナーについて
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金をのし袋に入れるときのお金の入れ方
お見舞いのマナーあれこれです。