手術 お見舞い 金額 兄弟

手術や入院をした兄弟へのお見舞い金額とマナーについて

スポンサーリンク

 人は生活を送る中で怪我や病気になることは誰でもあります。
自分だけでなく親や兄弟、親戚などが手術をしたり入院したりすることは誰でも経験することです。
入院して手術をすると、しばらくはそれまでの日常生活を送ることができなくなり、仕事をしている場合は休まなければなりません。
例えば自分の兄弟が手術をしてしばらく入院することになったら、お見舞いに行く必要があります。
その際、お見舞い品として花や果物を持っていくことが一般的です。
兄弟ならそれほど気を配ることはないと言う方もいるかもしれませんが、お互い社会人で兄弟に配偶者がいる時は手ぶらでお見舞いに行くことは避けた方が無難です。
いくら仲が良い兄弟とは言えども、手術をしてしばらく病院で生活をしなければならないことは精神的にも辛いこともあるし、兄弟の家族にとっても負担になります。
そこで、お見舞いには兄弟が喜ぶ品を持参していくことが望ましいですが、何を持っていけばよいのか迷ったらお見舞い金にするとよいです。

スポンサーリンク

お見舞いの金額には相場があります。
親や兄弟、親戚なら1万円から3万円、友人や職場関係の方。
近所の方なら3千円から5千円程度となります。
これらの金額は平均的なものであるため、地域や家族関係によって違いがあります。
お見舞い金額に不安がある時は家族や親しい方に相談するとよいでしょう。
お金を渡すことに抵抗がある場合は金額に応じた品物でも問題ありません。
例えば、1万円ならそれに近い金額の果物や雑誌類、入院時に必要なパジャマや生活用品などもおすすめです。
品物なら正確な金額が相手にわかりにくいメリットがあります。
また、お見舞いの品を渡す時の注意点として、手術後すぐは控えるべきです。
できたら手術が終わって2、3日経過して体調が安定してから渡すのが賢明です。
その際もできるだけ病室で長居しなことも大切です。
病室で長く居座ると他の患者さんにも迷惑になるし、患者さん自身にも負担になるので10分か20分以内で退室することが必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

親戚が入院した時のお見舞い金額の相場
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金を渡す相手が親の場合の金額の相場について
お見舞いのマナーあれこれです。
義父・義母の入院お見舞い金の金額相場
お見舞いのマナーあれこれです。
祖母の入院お見舞い、その金額相場とは
お見舞いのマナーあれこれです。
兄弟が入院した時に渡すお見舞いの金額の相場はどのくらいなのか
お見舞いのマナーあれこれです。