お見舞い のし袋 お金の入れ方

お見舞い金をのし袋に入れるときのお金の入れ方

スポンサーリンク

 友人や親戚などが入院をしたという場合、お見舞いの際にお見舞い金をどのようにしたら良いかと迷う人も多いようです。
お見舞い金はあくまでも入院をした人を励ますことを目的であることを忘れないようにしましょう。
お見舞い金の金額については、人間関係や地域の習慣などによっても異なりますが、一般的に退院した時のお返しはお見舞い金の金額が高額過ぎてしまうと、気を使わせてしまいますので、注意が必要でしょう。
お見舞い金を渡すという場合には、そのままの状態ではなくのし袋に入れて渡すようにしましょう。
のし袋には様々な種類がありますが、入院をするような怪我や病気は繰り返し訪れることは好ましいことではありませんので、のし袋を選ぶ際には紅白の結びきりを使用するようにしましょう。
ただし、紅白の結びきりののし袋を使用することに抵抗があるという場合には、のし袋ではなく無地の封筒を使用しても構いません。
のし袋ではなく封筒を使用する場合には、二重封筒は避けたほうが無難です。

スポンサーリンク

お金を入れる封筒・袋を用意したら、次に気になるのがお金の入れ方です。
お金の入れ方については、特別な決まりは無いと言われています。
しかし、一般的に適しているお金の入れ方としては、お札の肖像がある方を表向きで入れることが良いとされています。
お金の入れ方では、どのようなお金を入れたら良いか気になるものですが、新札である必要はなく、極端にシワがあるような状態ではなければ、普段使いのもので構いません。
新札では、あらかじめお金を用意していたのでは無いかと思われるかもしれません。
もし、新札しかないという場合や新札を使用したいという場合には、一度軽く折り目をつけるという事がお金の入れ方のマナーの一つと言えます。
お金の入れ方はそれほど気をつかう必要は無いでしょう。
なお、お見舞い金を渡すという場合には、入院している人の負担にならないように出来るだけ早めに切り上げるようにしましょう。
他の人の迷惑にならないようにすることも大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

封筒にお見舞い金を入れる際のお金の入れ方
お見舞いのマナーあれこれです。
入院お見舞い金のお金の入れ方などのマナーについて
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金の袋の書き方やお金の入れ方は、相談すると良いです
お見舞いのマナーあれこれです。