お見舞い 金額 相場 親戚

親戚が入院した時のお見舞い金額の相場

スポンサーリンク

 親戚が病気や怪我で入院した時にお見舞いに行く場合は手ぶらで行くわけにはいかないのでお見舞い金やお見舞いの品物を持っていくのが一般的です。
 親戚に渡すお見舞い金額は基本的に1万円以内が相場とされていますが、相手との関係によって金額が変わることがあります。
その親戚とは普通の親戚づきあいをしている程度の関係なら1万円が相場ですが、とても親しくしている親戚に対しては金額が3万円になる場合もあります。
ただし、親戚にお見舞い金を渡す場合はその家々で決まりごとがある場合もありますし、他の親戚との兼ね合いもあるので金額は臨機応変に対応することが大切です。
ちなみに、相手が親の場合の相場は1〜3万円、相手が兄弟の場合の相場は1万円とされています。
相手が友人の場合の相場は5000円、相手がご近所さんの場合の相場は3000〜5000円とされています。
相手が職場関係の場合は数人が連名で出す場合がありますが、その場合の1人分の金額は3000円が相場とされています。

スポンサーリンク

日本では4という数字は死、6という数字は無、9という数字は苦を連想させるので、これらの数字が絡む金額は避けるようにすることが大切です。
職場関係の人に連名で渡す場合に3人で3000円ずつ出すと9000円になってしまいますが、こういった場合は1000円を足して1万円を渡すのが一般的です。
また、キリスト教では13という数字は不吉とされているので、相手がキリスト教徒の場合は13という数字にならないようにすることが大切です。
お金を包む袋はお見舞い用の御祝儀袋を使うのが一般的ですが、御祝儀袋に抵抗がある場合や御祝儀袋が手元にない場合などは白い封筒で代用しても問題ありません。
ただし、間違っても不祝儀袋を使ってはいけないので注意が必要です。
水引は白赤の結びきりかあわじ結びを使い、表書きは御見舞いや祈御回復などとします。
ただし、相手が目上の人の場合は表書きを御伺とします。
包むお札は新札の方が良いとする説や新札は良くないとする説など様々な説がありますが、よほどシワシワのお札でなければ普段使いのもので問題ありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い金を渡す相手が親の場合の金額の相場について
お見舞いのマナーあれこれです。
義父・義母の入院お見舞い金の金額相場
お見舞いのマナーあれこれです。
祖母の入院お見舞い、その金額相場とは
お見舞いのマナーあれこれです。
兄弟が入院した時に渡すお見舞いの金額の相場はどのくらいなのか
お見舞いのマナーあれこれです。
手術や入院をした兄弟へのお見舞い金額とマナーについて
お見舞いのマナーあれこれです。