お見舞い 金額 相場 兄弟

兄弟が入院した時に渡すお見舞いの金額の相場はどのくらいなのか

スポンサーリンク

 身内にいる兄弟が交通事故や病気・大怪我で入院する事もあるかと思いますが、その時にお見舞いとして持っていく金額の相場については1万円以上からとなっています。
兄弟が病気や怪我また交通事故や労災とかで病院に入院した時にお見舞いに渡す金額の平均相場が1万円であり、それ以上支払う事も可能でありますが支払う金額は状況によって変動します。
ちなみに兄弟以外の身内の方がお見舞いで支払う金額の相場に関しては親が1万円から3万円、親戚が1万円、友人が5000円、職場関係の方が3000円という相場になっていて、関係によって支払う金額異なるという事が分かります。
兄弟が支払う相場額は1万円以上が基本となっていて、それ以下になってしまうと失礼にあたってしまうので気をつけるようにお願いします。
入院している方の兄弟がお見舞い金を包むのは状況によって変わる事になっていて、親が入院費用等を支払っている場合についてはお見舞い金を支払う必要がない時もあるからです。
ちなみにお見舞い金は急な出費の補助の役割りとなっているため、支払いの有無については選択する事ができます。

スポンサーリンク

兄弟にお見舞い金を包む時に気をつけたい注意点については相場の範囲内であってもお見舞いに向いていない金額にしてしまう事であり、「4」「6」「9」が絡む数字の金額は縁起が悪いため包む際は注意するようにお願いします。
包む袋については祝儀袋を使用する事が無難となっていて、左側に赤い線が入っている袋です。
ちなみに兄弟の仲に応じて包む金額の相場は変動する場合もあり、3万円までが限度になっていて3万円以上を支払う必要はまずないです。
渡すタイミングになりますが、病院で面会をした時にすぐに渡す方が良いとされています。
面会できる時間も限られているため早めに対応しておけば、渡し忘れてしまうという事を防ぐ事ができるからであります。
マナーに関しての情報についてはインターネットを活用して検索を行うと、専門的に情報を提供しているホームページやブログ等が多数出て来るため、そこで具体的な内容を知る事ができ情報収集を行えます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

親戚が入院した時のお見舞い金額の相場
お見舞いのマナーあれこれです。
お見舞い金を渡す相手が親の場合の金額の相場について
お見舞いのマナーあれこれです。
義父・義母の入院お見舞い金の金額相場
お見舞いのマナーあれこれです。
祖母の入院お見舞い、その金額相場とは
お見舞いのマナーあれこれです。
手術や入院をした兄弟へのお見舞い金額とマナーについて
お見舞いのマナーあれこれです。